CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨オントロジー、分散型IDを自動車産業へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

オントロジーのDIDフレームワーク

「信用の再定義」をミッションに掲げ、分散型サービスを通じて信頼性の高いネットワーク構築を目指しているオントロジーは、独自の分散型IDソリューション「DeID」を開発している。これまで分散型IDはDeFi分野のものと思われがちだったが、その適用範囲を他領域へ広げつつある。

DIDによる信頼ネットワーク

分散型IDとは、ブロックチェーンのような分散型ネットワークシステムを基盤にした、新しいデジタル個人情報(身分証明)のことを指す。従来の身分証明と異なり、個人情報を管理する中央集権組織は存在しない。

現在の中央集権的な個人情報管理方法には、様々な課題がある。たとえば、ユーザーは自身の個人情報がどのように利用されたり管理されるかについて知らされず、自身が想定している用途以外で個人情報を利用されたり、利用しているシステムから個人情報が漏洩する、といった課題だ。

オントロジーは独自にDIDフレームワークを開発、プライバシーリスクの保護に取り組んでいる。オントロジーが構築するエコシステムでは、個人が自分自身のID情報に完全な管理権を持つ。ユーザーが許可した範囲でのみID情報は開示・共有されるため、ユーザーは自身のID情報を自身のコントロール下に置くことができる。

自動車産業でも利用されるDID

分散型IDを活用できるのは、昨今話題のDeFi(分散型金融)分野だけにとどまらない。

オントロジーは、独自のDIDソリューションDeID(Decentralize Identifier)を通じ、自動車産業でも信頼度の高いネットワーク構築を試みている。ブロックチェーン基盤の分散型技術を用いることで、運転者のデータを安全に記録、保持および検証することを可能にし、自動車産業全体に多くのメリットをもたらすことができるという。

その一例として、スマートロック機能搭載の車において、ONT IDを起動させることで、開錠することを可能にした。ONT IDとは、認証済みのユーザーのみにアクセスを許可する秘密鍵を利用し、携帯または信頼できるクラウドにデータを保管することで、デジタルIDの管理が安全に行えるオントロジーのモバイルデジタルIDアプリおよび分散型フレームワークのことである。

また、オントロジーの分散型評判スコアシステムであるONT Scoreに基づき、信頼できるユーザーに車を貸し出し、オントロジーのトークンONTを稼ぐこともできる。さらに、事故の際には独自の保険プラットフォームを活用することで、オントロジーブロックチェーンに記録されていた情報を元に、即座に保険金決済を行うことも可能になる。

このように、DIDの分散型技術を用いることで、より安全かつ信頼度の高いネットワークを、様々な産業で構築する可能性を秘めている。

相互運用性を高めるPoly Network構築

協力的かつ透明な分散型システムを目指すオントロジーは、相互運用性を高めることを目的として、「中国版イーサリアム」とも呼ばれるネオ、およびネオブロックチェーン上の分散型取引所(DEX)を運営するSwitcheoとPoly Networkを構築することを発表した。

Poly Networkとは、複数のチェーン間での相互運用性を高め、次世代のインターネットインフラを構築するためのプロトコルアライアンスである。Poly Networkによって、プラットフォームを超えた相互運用が可能になり、透明性が向上されアクセスが容易になる。

Poly Networkについて、オントロジーの共同創業者Andy Ji氏は、「最高水準の専門知識とプラットフォーム機能を組み合わせることで、Poly Networkは未だかつてないほどの恩恵をブロックチェーン開発者に提供し、プラットフォームが提供している、ユーザーエクスペリエンスを容易にする様々なものを通じて、分散型エコシステムの構築を推進している。」と述べた。

  • DeFi開発者にクロスチェーン対応dApp(分散型アプリケーション)構築用の新しいインフラを提供
  • イーサリアム、ネオ、オントロジーおよびコスモスを含む同種または異種チェーン両方、ならびにそれぞれのチェーンのフォークのサポート(将来的にはビットコインネットワークのサポートも計画)
  • 必要なスマートコントラクトの数を減らすことによる、容易かつ環境に優しいクロスチェーン・トランザクションへのアクセス
  • 資産および情報の両方の移動を可能にすることによる、クロスチェーン・トランザクションの安定性向上

Poly Network立ち上げに対し、Ji氏は次のようにコメントしている。

クロスチェーンの相互運用性はより重要になっていく。オントロジーは、オープンかつ透明なブロックチェーンエコシステムの発展に尽力している。ネオおよびSwitcheoと提携し、クロスチェーンの真の相互運用性を実現できることを誇りに思う。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧