「QTUMのメインネットローンチ」今週・来週の注目ファンダとブロックチェーン求人指数解説

今週・来週の注目ファンダ

暗号資産(仮想通貨)QTUMは、2020年08月28日【ブロック番号:680,000】で、メインネットV0.19.1をローンチしました。

Qtumは、同アップデートに伴い、QIP-25の実装が完了しました。

これにより、QTUM保有者はオンラインノード運営者に対してステーキングの委任をすることができます。今までQTUM保有者は、公式ウォレットであるQtum Coreウォレットを使用してのみステーキング報酬を獲得する権利を得ていましたが、上記アップデートによって、参加の敷居が大きく下がったことになり、QTUM保有のインセンティブがより増したことになります。

関連:コインチェック、仮想通貨QTUMの新規取扱いを発表

9月1日:DASHプラットフォーム アップデート

Dash Core Group(DCG)は、DASHプラットフォームのアップデートに伴い、ドキュメントのタイムスタンプ機能、コード品質の向上のためのDAPIクライアントの改善、テストの簡易化、配布パッケージの改善が行われます。また、Dashプラットフォームは年末までにDashのテストネットへ統合され、それまでにさらに4つのリリースを予定しています。

9月1日:OKB買い戻しおよび焼却(Burn)

OKBは、3ヶ月毎に買い戻し及び焼却を実行しており、前回(2020年05月31日)の焼却枚数は3,509,874.52 OKBであることが発表されています。今月の焼却日や枚数に関する詳細は公開されていません。

CoinPostアプリ(*クリプト指標 サンプル)

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:CoinPost、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリース

仮想通貨・ブロックチェーン求人指数|寄稿:仮想NISHI

(以下は、仮想通貨TAOTAOのクリプトアナリスト「仮想NISHI」寄稿記事)

「仮想通貨・ブロックチェーン業界の求人活性度を表す指数(CoinPost社集計:2020年1月比)です。

一般的に、業界が活性化すると人手が足りなくなり求人指数が高くなる傾向にあります。加えて、求人指数は企業が人材投資にどれだけ目を向けているかという観点からも重要で、業界の将来性を見るのにも有効となります。

日本全体の有効求人倍率がコロナ禍等により大きく低下した中、比較的ブロックチェーン業界の求人指数は上昇ないし横ばいに推移しており、業界全体の求人需要は安定していると言えます(7月度:1.16 、前月比+6.9%)。

次回の発表日時は、米国の経済政策に影響を与え、金融商品のボラティリティが大きくなりやすい米雇用統計発表日(毎月第一金曜日)と同日。」

寄稿者:仮想NISHI@Nishi8maru
「新しいお金。新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。DECOCHARTやTASKALの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。

関連:TAOTAO公式サイト

関連:TAOTAO 公式Twitter


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します