Google公式:6月からICO含む仮想通貨に関する広告を禁止すると発表

Googleが仮想通貨広告を掲載不可に
2018年6月より、仮想通貨関連の広告禁止の規約が施工されることとなりました。Facebook社は1月末に、仮想通貨の中でも特にICOに関する広告禁止を発表していたため、Googleも後を追うのでは、と以前より危惧されていた内容が実現した形になります。

米Google社は、仮想通貨に関連する広告を6月から掲載できないようにするとの発表を行いました。

また6月に金融サービスに関する新たなポリシー(規約)が施工される予定です。

Googleの広告禁止

仮想通貨に関する詐欺やフィッシングサイトの横行など(広告含め)が、近日多く報告されていましたが、この状況を危惧したGoogle社は利用者保護の理由からか、特定の広告に関する禁止を発表しました。

Facebook社は1月末に、仮想通貨の中でも特にICOに関する広告禁止を発表していました。

CoinPostの参考記事

事例報告書によりGoogleがICO広告を禁止すると示唆される
Google Adwordsにおいて、複数の企業からICO関連の広告のパフォーマンスが劇的に下がってきていると報告されています。さらに、パフォーマンスだけでなく、アカウント自体も凍結されてしまう事態も起きているようです。

実際にこれら2社の広告禁止は、大きな影響が出ると懸念され、仮想通貨市場の価格にも影響を及ぼしています。

Googleポリシーの変更

Google社は『金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)』を公開しました。

このポリシーの実行により、仮想通貨関連の広告禁止が施工されることとなり、施工月は6月になる予定です。

このポリシーでは、金融商品全般で掲載していますが、仮想通貨に関連する内容は、以下の通りです。

広告配信禁止

暗号通貨および関連コンテンツ(イニシャル コイン オファリング、暗号通貨為替、暗号通貨ウォレット、暗号通貨売買に関するアドバイスを含むがこれに限定されない)

引用元:金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)

情報集約サイトやアフィリエイトの広告配信不可

暗号通貨とその関連コンテンツ

引用元:金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加