テザー(USDT)が高速ブロックチェーン「Solana」で稼働開始

新バージョンUSDT

テザー社が高速ブロックチェーンのSolana(SOL)を採用し、ステーブルコインのUSDTをSolanaネットワークでローンチした。テザー社の公式発表でわかった。

Solana(ソロナ)はレイヤー1のブロックチェーンで、現在のイーサリアムブロックチェーンの処理能力を大幅に上回っている。テザー社によると、SolanaのネットワークでUSDTを送金すれば、1秒で約5万のトランザクションを処理することができる。

テザー社は、イーサリアムネットワークの渋滞と高い手数料を回避するために、他のネットワークでのUSDTローンチを実施している。Solanaを利用するほか、8月より、OMGネットワーク上でも正式に稼働するようになった。

関連テザー(USDT)が「OMG Network」で稼働開始、ETHネットワーク手数料削減に

USDTはDeFi(分散型金融)で最も利用されているステーブルコインの1つ。TheBlockのリサーチデータによると、Curve、Aave、Uniswapの3大DeFiプラットフォームでロックされているUSDTの総額は9日の時点で、8.63億ドルに及ぶ。

出典:TheBlock

Solanaの創設者Anatoly Yakovenkoは、テザー社による採用について、「テザーの統合がSolanaにとって必要不可欠で、USDTはDeFiセクターおよび仮想通貨コミュニティにおいて、活力のもとだ」、と語った。

テザー社のCTO Paolo ArdoinoはTheBlockに対し、今後も他のブロックチェーンでの対応を計画している、と言及した。

関連


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します