Uniswapが時価600億円相当のトークン配布 NEMやXRPはトークン配布関連で注目|今週の仮想通貨重要ニュース

今週のニュース

今週は、NEMの新通貨であるSymbolやXRP保有者に配布予定のトークンについて、それぞれの対応を一覧にした記事に注目が集まった。

市場では、DeFi市場が一服したと思われた矢先、DEXのUniswapがガバナンストークンUNIを配布したことで、配布分で総額630億円相当のトークンが突如市場に登場、俄かに再注目を浴びている。

また、17日、ニューヨーク裁判所はステーブルコインを発行するテザー社らに財務記録の提出を命令、テザーの裏付け資産の実態が明らかになるのか、関係者が注目している。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:NEM新通貨「Symbol」オプトイン開始、取引所ごとの対応一覧と注意点

暗号資産「NEM(XEM)」では、20年12月に大型アップデートを実施し、新チェーン「Symbol(XYM)」が誕生する。 (記事はこちら

2位:「Flare Networks」XRP保有者へのSparkトークン付与、取引所ごとの対応方針一覧

XRP(リップル)保有者への「Sparkトークン」付与について、各暗号資産(仮想通貨)取引所が対応を検討する旨をアナウンスしている。 (記事はこちら

3位:抑えておきたいテクニカル分析「ダウ理論・6原則」を初心者向けに解説

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論のことです。このダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

米大手コインベースアプリでDeFi銘柄YFIをサポート、テザーは時価総額150億ドルを突破

新型コロナウイルス感染拡大の影響で大規模金融緩和が実施され、米ドルのインフレリスクや経済の不確実性が懸念される中、ビットコインの「価値の保存」能力が見直され始めている。 (記事はこちら

バイナンスコイン(BNB)高騰で時価総額6位に、LaunchpoolでDeFiの潮流に乗る

バイナンスコイン(BNB)が、coinmarketcapの時価総額6位まで急浮上している。「Binance Launchpool」の発表に伴い、年初来高値を付け一時32ドルに到達した。 (記事はこちら

夏相場牽引のDeFi市場は一服、Bakktビットコイン先物出来高は過去最高を再び塗り替える

16日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比-0.29%の113万円(10,720ドル)とやや下落した。 (記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

バイナンス、仮想通貨XEM(ネム)でトレードコンペ実施へ

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは17日、ネム(XEM)の取引量に応じたトレードコンペティションの開催を発表した。 (記事はこちら

仮想通貨市場で600億円相当のトークン配布、時価1億円超の受け取り約30人に

Uniswapが17日にローンチしたガバナンストークン「UNI(ユニ)」で過去に流動性マイニングをしていたか。Uniswapで取引ユーザーに還元されたエアドロップの金額の規模が話題になっている。 (記事はこちら

金持ち父さん著者「コロナワクチン完成で金やビットコイン相場が崩壊するなら好機」

「金持ち父さん貧乏父さん」の著作で有名なロバート・キヨサキが、暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、新型コロナウイルスのワクチンが承認されれば、失速し急落する可能性を指摘した。 (記事はこちら

bitbank新規上場の仮想通貨XLM、約1000倍の約定履歴を確認

暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankで9月16日(水)に上場したステラルーメン(XLM)の板取引で、通常起こり得ない「約定履歴」が確認された。 (記事はこちら

NY裁判所、テザー社へ財務記録提出を命令

ニューヨーク裁判所が17日に行われたニューヨーク司法当局(NYAG)とテザー社間の協議会で、テザー社およびBitfinexに財務記録を提出するよう裁判命令を下した。 (記事はこちら


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します