リップル社の共同創設者が5億XRPを送金──送金先は?

5億XRPを送金

米リップル社の共同創設者Chris Larsenが、暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)約5億XRP分(125億円相当)を、米仮想通貨投資ファンド「New York Digital Investment Group(NYDIG)」のウォレットへ送金したことが分かった。

Larsenは「NYDIGの創設メンバーと知り合いであり、同社のセキュリティなど企業としての質の高さに感銘を受けている」と説明しており、「NYDIGは次世代カストディ企業だ」と称賛した。送金の意図は、カストディへの預け入れと見られる。

今回は最初、仮想通貨の送金を追跡するWhale Alertが、LarsenがXRPを身元が特定できないウォレットに送金したことを報告。

その後Larsen本人が送金の事実を認め、送金先はNYDIGであると明かした。

NYDIGはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から、2018年にビットライセンス(BitLicense)を取得している企業で、ビットコイン(BTC)ファンドなどの運営も行なっている。

ビットライセンス(BitLicense)とは

米国ニューヨーク州内における仮想通貨取引交換業を可能にする事業ライセンス。2015年からニューヨーク州の金融サービス局(Department of Financial Services)が発行している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

先月には、新たなBTCファンド「NYDIG Bitcoin Fund LP」を立ち上げ、私募で資金調達を行っていることが分かった。先月時点で募集はまだ継続しており、2019年7月に立ち上げられた後、約500万ドル(5.2億円)を販売したことが、米証券取引委員会(SEC)に提出した資料から明らかになっている。

他にも現金決済のBTC先物で運用をすることを目的とする「NYDIG Bitcoin Strategy Fund」など、複数の仮想通貨ファンドを提供している。

関連米BTC投資ファンドが今年3回目の資金調達、仮想通貨業界で急成長

Chris Larsenとは

Larsenは2018年、フォーブスが選ぶ「世界の保有資産ランキング上位400人」に選出。毎年選出が行われるが、仮想通貨業界からは初のランクインとなった。当時の保有資産は21億ドル相当(約2200億円)と推定されており、ランキングは383位となっている。

関連リップル創業者、フォーブスの資産家ランキングにランクイン

昨年9月には自身の母校である米サンフランシスコ州立大学に対し、非営利団体「Rippleworks」らと共に2500万ドル相当(約26億円)のXRPを寄付。当時の発表では、米国で最も金額の大きい「デジタル・アセット」による大学への寄付金と伝えられた。

関連リップル社理事長が仮想通貨で米大学へ過去最高額の寄付を実施


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します