CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨初の米国大統領令:ベネズエラ政府発行トークンの取引を米国内で禁ずる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トランプ大統領が仮想通貨に関する初の大統領令を発令
アメリカのトランプ大統領は、マドゥロ政権による、(同国の)民主的に選ばれた国会が非難する、デジタル通貨発行という形をとった合衆国制裁措置を回避するための一連の行動は違法であるとし、ベネズエラ政府発行の仮想通貨である「ペトロ」を米国内で禁止する大統領令を発令しました。
ペトロの実状
ベネズエラの仮想通貨関連の最高責任者であるCarlos Vargas氏は、127カ国、8万3000人がこの政府発行仮想通貨を購入したというデータを公表し、マドゥロ大統領はツイッターで、2月に行われたプレセールでは24時間で7億3500万ドルを調達したと発表しています。

3月19日、アメリカのトランプ大統領は、ベネズエラ政府発行の仮想通貨である「ペトロ」を米国内で禁止する大統領令を発令しました。

これは、仮想通貨関連では、初の大統領令となりますが、すでに多くの批判に晒されているこのトークンにとって、さらなる打撃となることは間違いありません。

初の大統領令

この大統領令の骨子は、「マドゥロ政権による、(同国の)民主的に選ばれた国会が非難する、デジタル通貨発行という形をとった合衆国制裁措置を回避するための一連の行動は違法である」ことを根拠とした上で

3月19日アメリカ東部夏時間午後12時15分をもって、「すべての米国民及び米国内での、2018年1月9日以降に ベネズエラ 政府 により、または同政府のために発行された、すべてのデジタル通貨、デジタルコイン、デジタルトークンに関する融資その他の取引を含む、すべての取引を禁じるものである」

と大統領令を発令しました。

この制裁は、2月にベネズエラ政府がペトロを発行して以来、最も注目すべき展開だと言えるでしょう。

ベネズエラ政府とペトロの実状

ベネズエラの ニコラス マドゥロ大統領は、この新しいデジタル通貨は「金融封鎖を克服し、金融取引を行うための貨幣主権」を強化するためのものであると語っており、ベネズエラの豊かな埋蔵原油に裏づけされた通貨であると主張していました。

また、ベネズエラの仮想通貨関連の最高責任者であるCarlos Vargas氏は、127カ国、8万3000人がこの政府発行仮想通貨を購入したというデータを公表し、マドゥロ大統領はツイッターで、2月に行われたプレセールでは24時間で7億3500万ドルを調達したと語っていました。 

原油価格の下落とハイパーインフレを引き起こした経済運営の失敗により、ベネズエラは歴史的な経済破綻に陥っており、実際、ベネズエラ市民の生活は、食品をはじめ医療品や日用品を手に入れることが困難な状況にあります。

アメリカとEUによる経済制裁を回避するための、マドゥロ大統領の苦肉の策の一つが、仮想通貨ペトロの発行だったと思われます。

しかし、今回のトランプ大統領によるペトロ取引禁止という大統領令は、現在の米国のベネズエラへ対する経済制裁政策路線から見ると、驚くべきこととは言えないでしょう。

米国財務省は、2月に国内の投資家に対し、「ペトロというデジタル通貨は、ベネズエラ政府に対する信用拡張にあたるように思われる」ため、「米国民を法的リスクに晒すことになる可能性がある」として、制裁違反になる恐れもあり、ペトロに手を出さないようにと、警告していました。

ベネズエラ国内でも、野党は、埋蔵原油を財政運営の保証とすることは憲法に違反するとして、ペトロの発行を違法だと主張しており、仮想通貨ペトロの将来がますます不確実であるように、ベネズエラ政府がアメリカの経済制裁から逃れることも、今回の大統領令により、ますます困難になりました。

価格への影響

なお、この大統領令の発表を受け、ビットコインは一時的に瞬間的な下落となったとコインベースは伝えています。

実際に日本時間1時辺りで大きな下落が発生していますが、その後は再度反発し、G20での懸念払拭の流れが強く表れています。

CoinPostの関連記事

金融安定理事会:G20での仮想通貨規制の呼掛けを拒否・BTC大きく反発
金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。
11/30 木曜日
18:11
トークンブリッジ「Wormhole」 330億円を調達、Web3市場で今年最大規模
ブロックチェーン間互換性技術を手掛けるWormholeが330億円を調達。Web3エコシステムにおける今年最大級の動きとなり、ブレバン・ハワードやJump Tradingなど著名投資家が参加。ハッキング被害からの回復力も示し、新たな製品投入に期待が高まる。
16:03
「DOGE-1」月探査プロジェクト、SpaceXロケットで実現へ一歩前進
暗号資産(仮想通貨)ドージコインで資金調達した「Doge-1」月探査ミッションは、SpaceXロケットでの打ち上げを年明けに予定。プロジェクトを率いるジオメトリック・エナジー・コーポレーションが、規制承認の進捗を明かした。
14:30
Web3ゲーム「Big Time」、Bithumbに新規上場
暗号資産(仮想通貨)取引所BithumbがBIGTIMEとSTMXの新規取扱を発表。BIGTIMEはWeb3ゲームで、先月に米Coinbase(コインベース)に上場を果たした。韓国市場への進出が注目されている。
13:50
米フォーブス誌、24年版「30歳未満の30人」で仮想通貨関連で9名を金融リーダーに選出
米フォーブズ誌が選ぶ「30歳未満の30人」の2024年北米金融部門で、仮想通貨・ブロックチェーンに関連のある専門家9名が受賞することとなった。また、フォーブズは、13年の歴史で選出を後悔している10人を「恥の殿堂」として発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア