金融安定理事会:G20での仮想通貨規制の呼掛けを拒否・BTC大きく反発

世界規模仮想通貨規制不安の緩和
金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。

仮想通貨市場の下落を大きく後押ししていた懸念材料『G20での世界規模の規制』に大きな動きが見られました。

世界規模の厳しい規制不安の緩和

G20とは

G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略。 主要国首脳会議(G7)に加盟する7ヶ国(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)に加え、EU(欧州連合)、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンといった新興国を含めた、計20ヶ国(地域)で構成される。今回の開催は3月19日から20日、ブエノスアイレスで行われる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

G20の参加グループであり、各国の金融規制をまとめる金融監督機関:金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否しました。

また、FSB会長であるMark Carney氏は、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。

仮想通貨市場の規模は未だ小さい

重要な点としてはFSB会長の発言は、仮想通貨市場は未だかなり小規模な市場であり、驚異的な存在にはなり得ていないという考えの元、状況を捉えていることです。

仮想通貨の市場規模は、未だ世界のGDP比では1%にも満たないとした上で、G20では、技術的な発展を見守るべきであると財務大臣へ送った書面で付け加えました。

価格への影響

今回のG20は、ブエノスアイレスで、本日3月19日から2日間予定されていますが、G20の日程が近付くに連れて世界規模の厳しい規制や、先の見えない議論に対する不安が原因と考えられる相場の大幅下落を観測。

ビットコインは80万円を切り、市場全体の時価総額は30兆円まで下落、昨日も全面安となっていました。

しかし今回の報道が発表されたことを受けて、相場は大きく反発、90万円近くまで値を伸ばし、執筆現在(9時50分)時点では値を続伸させています。

G20’s Financial Regulator Rebuffs Countries’ Calls for Crypto Controls

参考記事はこちらから

G20参加各国における直近の見解や、協議予定の議題をまとめたページはこちら。

仮想通貨上位50種類のポイント解説も用意しています。

CoinPostの関連記事

運命のG20が3月19日に迫る|国際的な仮想通貨規制と影響まとめ
3月19日〜20日に開催予定のG20で、犯罪資金調達やマネーロンダリング、風説の流布、仮想通貨取引所規制、利用者保護の在り方などが議論される見通し。仮想通貨マーケットへの影響が注視される。
仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加