中国:約2850兆円規模の決済市場を自由化|仮想通貨市場にプラス影響か

中国が決済市場を自由化
中国政府及び、中央銀行である中国人民銀行は、$27兆(約2850兆円)規模の決済市場を自由化することを決定しました。すでに圧倒的シェアを誇るAliPayなどに対抗するのは難しい事ではありますが、国際間決済の分野では、外資企業にもチャンスがあると言えます。
仮想通貨に与える影響
中国人民銀行の新任責任者となったYi Gang氏は、ビットコインに対しても非常に楽観的な考えを持っており、あくまでも可能性の話ですが、Yi氏の中国人民銀行責任者就任及び、Xi Jinping氏の再選は、仮想通貨市場に対してプラス影響をあたえるかもしれません。

外資企業の自由

歴史上初めて、中国政府及び、中央銀行である中国人民銀行(以下、PBoC)は、$27兆(約2850兆円)規模の決済市場を世界に解放します

外資企業は、ついに中国でのライセンスを取得申請することが可能になり、現地のサービス提供者と同じ土俵に立つことが出来るようになりました。

中国では、インターネット及び、金融市場にて国内企業の完全な独占市場が形成されていました。

アリババのAliPayは、決済市場の70%ほどのシェアを誇っており、TencentのTencent Payが残りの30%のシェアを担っています。

AliPayの発表及び、Tencent の台頭により、その2社のコングロマリット企業が国内決済市場を牛耳っていました。

中国のユーザー達は既に既存の決済方法に適応してはいますが、そう遠くないうちに、外資企業も中国でサービス提供を開始することが出来るようになるでしょう。

TwitterのCEOを務めるJack Dorsey氏が率い、決済アプリを提供するアメリカ基盤のSquareや、韓国のKakaoTalkを提供するKakaoの決済アプリであるKakaoPayもPBoCに登録し、ライセンスを取得し次第、中国に進出する可能性があります。

INGグループに務め、香港基盤の経済学者であるIris Pang氏はBloombergに対して以下のように回答しました。

国内市場は、すでに屈強な国内プレイヤー達によって飽和状態に近く、外資企業がそのシェアを奪っていくのは比較的難度が高いと言えます。しかし、国際間決済市場においてはまだチャンスがあるのではないでしょうか。

PBoC及び、中国政府の外資企業に対し決済市場を解放するという決断は、アメリカで教育を受け競争促進政策分野で有名な経済学者でもあるYi Gang氏(以下、Yi氏)が新しくPBoCの責任者に任命された後に行われました。

WSJは先日3月に、中国政府の高官によるとPBoCが外資企業に国内金融分野に進出する機会を与えようとしていると記述していました。

そしてWSJによって、中国政府は保険及び、決済市場を解放することで外資企業の進出を検討していることが報告されていました。

コーネル大学の教授であり、国際通貨基金(IMF)の前中国責任者を務めていたEswar Prasad氏は、当時WSJに対し、次のように語っていました。

Liu氏及び、Yi氏は、さらなる効率的な規制、金融市場の再形成、そして、自由化の必要性を理解していました。

仮想通貨への影響

3月19日に、韓国メディアのTokenPostにて、PBoC新任責任者であるYi氏は以下の様に回答し、仮想通貨の透明性も強調しました。

「ビットコインは、使用するすべての人に自由を提供する通貨である」

Yi氏のビットコインに対する楽観的な考え方は、事前の分析及び、彼自身の競争促進志向の哲学、そして、中国の金融業界の自由化計画からもある程度予測できたことでしょう。

現地アナリストのWei Chun氏は、以下のように述べました。

結論から言うと、中国政府は仮想通貨及び、マイニングに対し規制を行ったにも関わらず、ブロックチェーン技術には好意的な姿勢を見せています

中国は、仮想通貨をコントロールしたいと考えており、将来的に中国は実際コントロールすることが出来るようになるでしょう。

規制局による数々の規制は、仮想通貨の金融リスクから国民を守り、資金の流出を抑制する目的であったのです。

Bitcoin Provides Freedom, Says New PBoC Chief as China Opens Doors to $27 Trillion Payments Market

Mar 22, 2018 by Joseph Young

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加