ポートフォリオでDeFi(分散型金融)を重視 大手仮想通貨ファンドが投資戦略を明かす

Pantera Capitalの投資戦略

米国最古の暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンド大手Pantera Capitalが、DeFi(分散型金融)関連銘柄への投資を重視していることが分かった。

DeFiセクターはただのバブルではなく、金融の未来であると主張。資産が流入し関連銘柄の価格を押し上げ、今後2年か3年で大きく成長するとの見解を示した。

Pantera Capitalは6日にオンラインイベントを開催。同社の歴史やポートフォリオマネージャーの紹介から始め、運用するファンドについても説明を行った。ポートフォリオマネージャーは様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成されており、その中にはスマートコントラクトの開発に精通しているメンバーも含まれている。

同社が運用する「デジタルアセットファンド」は、ハイクオリティなデジタル資産で構成される多様化されたポートフォリオを投資家に提供することが目的だ。取引所に上場している銘柄や実際に金融領域にユースケースをもたらすトークンを投資対象にしている。

出典:Pantera Capital

今回はそのポートフォリオの比重として、価値の保存手段や決済手段として利用される銘柄への投資は26%、そしてスマートコントラクト関連銘柄への比重を74%にすると説明。中でもDeFiに特化するとしている。

出典:Pantera Capital

最高投資責任者は今回のイベントで以下のように語った。

ポートフォリオの構成を見ると、市場の大半がビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)など、決済や価値の保存手段として利用される銘柄を重視している。

当社はそれよりもスマートコントラクトやDeFiに関連した銘柄を重要視していく。

さらにDeFiにロックされている資産の量(TVL)やDEX(分散型取引所)の出来高の観点から、どれだけDeFiが急速に成長しているかグラフを提示した。上がロック資産、下が出来高の推移だ。

出典:Pantera Capital

DeFi銘柄で高パフォーマンスを記録

Pantera Capitalについては先月、年初来のパフォーマンスが好調に推移していることが分かった。

投資家への文書によると、特に「ICOファンド」のパフォーマンスが高く、+323%のリターンを記録。DeFi関連銘柄の好調に支えられたことを明かした。

デジタルアセットファンドについては、+168%の利益であることが分かっている。

関連仮想通貨ファンドPantera Capital、DeFi銘柄の好調で高パフォーマンスを記録


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します