国内初、一般個人投資家向けの「不動産STO」実現へ

国内初の一般個人投資家向け不動産STO

デジタル証券の発行を提供するSecuritize Japan株式会社が、株式会社LIFULL(ライフル)と共同で、株式会社エンジョイワークス社の「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産STOとして実施する。

Securitizeは、トークンの発行体など運営者によるセキュリティトークンの発行から償還までのライフサイクル管理や、投資家のオンボーディングやコミュニケーションを可能とする総合的ソリューションを提供している。株式会社LIFULLは、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する国内大手だ。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)はブロックチェーンを利用し、電子的に発行する法令上の有価証券に該当するセキュリティ・トークンで資金調達を図る手法。これを、不動産の仕組みに応用する。

メリットは、トークンをブロックチェーン上で発行されることにより、第三者の証明の必要がなく自身の持ち分保有を証明できるほか、譲渡時にはスマートコントラクトを介し、暗号資産(仮想通貨)とのDVP(証券の引渡し『Delivery』と代金の支払い『Payment』を相互に条件)により、売買の一方当事者の債務不履行を防ぐことが可能になるとしている。

発表によると、今回の不動産STO事例では、不動産特定共同事業法に基づき不動産クラウドファンディング事業を展開するエンジョイワークス社が投資家による出資に対し、セキュリティトークンを発行することで、持ち分譲渡の利便性や安全性を高めるとする。

出典:PRタイムズ

株式会社LIFULL ブロックチェーングループ 松坂維大氏は今回の取り組みについてこのようにコメントした。

一般投資家向けの不動産STOは日本初であり、世界的に見てもまだ事例が殆どありませんが、その重要な一歩目を共に踏み出せたことを嬉しく思います。Securitize社が描くビジョンと創業から培われてきたブロックチェーン技術が、今後益々広く世界中へ浸透することを期待しております。

参考:公式


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します