Ripple CTO:「Wechat有するテンセントがリップルへ出資」の報道は公式情報ではないと否定

「Wechat有するテンセントがリップルへ出資」は公式情報ではないと否定される
28日、CoinPostの取材にて、Ripple社CTO Stephan Thomas氏はその情報について、Ripple社は何も発表していないことを強調しました。
Ripple社CTO Stephan Thomas氏に独占インタビューを実施
インタビュー内容全文は後日公開予定です。また、Ripple社Chief CryptographerのDavid Schwartz氏にも短時間のインタビューを実施予定です。

Wechat有するテンセントのリップルへの出資情報を否定

中国のソーシャルネットワーク運営最大手テンセント・ホールディングスが、リップル技術に20億ドル投資する準備が整っている、というニュースは、3月14日にripplenews.techが報じ、各所で話題になりました。

ripplenews.techでは、「数週間のうちにテンセントから発表がある」としていましたが、Ripple社CTO Stephan Thomas氏(以下、Thomas氏)はその内容に否定的です。

Thomas氏は28日、CoinPostの取材にて以下のように回答しました。

Q.Wechatを所有している中国のソーシャルネットワーク運営最大手テンセントが、リップル技術に投資する準備を整えている、と3月中旬にripplenews.techで報じられていたが、事実か?

A.URLにRippleの名前が入っていますが、Ripple社はそのウェブサイト(ripplenews.tech)とは全く関係がありません。

それに関連する発表や情報は一切行っておりません。

このような趣旨の内容は聞いたことがないので、単なる噂だと扱ってください。

Ripple社CTO Stephan Thomas氏へのインタビュー記事を近日公開予定

CoinPostではRipple社CTO Stephan Thomas氏に対し独占インタビューを実施致しましたので、後日全内容を公開致します。

また、Ripple社Chief CryptographerのDavid Schwartz氏にも明日インタビューを実施予定です。

そのインタビューに際し、CoinPost閲覧者様のご質問を以下のフォームより募集致します。

なお、時間の都合上限られた質問のみになってしまいますので、あらかじめご了承ください。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加