FXコインとSBI、仮想通貨の価格変動リスク回避で実証実験

FXコインらが実証実験

暗号資産(仮想通貨)交換業のFXコインがSBIホールディングスなどと連携して仮想通貨の価格変動リスクを回避する仕組みを構築することがわかった。日経新聞が報じた。

外国為替市場と同様にスワップ市場を通じて、企業などが仮想通貨を送金する際に価格が固定できるようにする新たな仕組みを11月にも実証実験として開始する。 送金時に将来受け取る価格が固定されるようになれば、小口送金に利点がある仮想通貨を企業や機関投資家による利用しやすくなると見込む。

実証実験では仮想通貨XRPが用いられるとしている。

具体的には、送金企業がSBIホールディングスグループからXRPを購入し、受取会社に送付。受取会社はFXコインと通貨スワップの契約を結んび、資金を受け取るまでの間に発生するXRPのボラティリティを回避する。国際送金のケースでは、送金企業には現金よりも送金コストを3割ほど下げられるメリットがあるとしている。

なお、FXコインはスワップ市場を提供する目的で、21年に第1種金融商品取引業の登録を目標にするという。

参考:日経


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します