ビットコイン高騰──ダウ・S&P過去最高値更新でリスクオンムード広がる

仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)が日本円建で176万円に達し、再び年初来高値を更新した。

16日のニューヨーク株式市場では、新型コロナウイルスのワクチンへの期待から幅広い銘柄に買いが入り、ダウ工業株30種平均やS&P500が史上最高値を更新。リスクオンムードに乗じてビットコイン市場も騰勢を強めた。

米医薬モデルナが新型コロナウイルスのワクチンの治験結果について、3万人超が参加した治験で94.5%の有効性が確認したと発表。先週発表したファイザーPFE.Nも開発中のワクチンの有効率が90%を超えたと発表しており、米国におけるワクチンの緊急使用の開始に対する期待感が高まっている。

株式市場の値動きは、ファイザーが公表した際に値上がりした景気敏感株中心の相場とは異なり、コロナ禍で買われたハイテク株を中心とするナスダックも上昇。投資マネーのリスクオンムードを映した。

なお、依然として世界経済や景期のリスクは大きく、国境をまたぐヒトやモノの動きが制約を受ける中、持続的な市場の成長性を維持する点には将来的な不透明性も強い。

仮想通貨マーケットと関連ニュース

仮想通貨のマーケットでは、市場内の資金循環も活発で、仮想通貨市場では資金流入に出遅れ感があった主要アルトも高騰。XRPが節目の30円に達したほか、PayPal銘柄に含まれたライトコイン(LTC)も前日比10%高と大きく値上がりした。

関連ニュースでは、ビットコイン価格の高騰で取引が活況となった日本時間5時30分に、米大手Coinbaseでウェブサイトとモバイルアプリがダウンする問題が発生した。

問題は約2時間に渡って調査が行われ、7時台に復旧したが、仮想通貨市場では度々取引停止がきっかけとなって市場の方向性が転換する場面が見られてきただけに、警戒感も高まった。

Coinbaseでは、過去に取引が活況なタイミングで取引が停止するケースが確認されており、最近では10月27日にも停止したばかりだった。

ツイッターでは、米国のテクノロジートレンドでCoinbaseがランクインするなど、米国において個人投資家を中心とした短期資金の商いも活発化している可能性も指摘された。

SkyBridge Capital

米Forbesによると、仮想通貨ヘッジファンドStrix LeviathanのJesse Proudman CEOは好調な相場を支えているのは、業界にとっていいニュースが続いていることが影響していると見ている。

例に、大手ヘッジファンドSkyBridge Capitalが仮想通貨への投資を検討している事例を挙げた。

関連「ビットコインに限定しない」 SkyBridge Capital、仮想通貨投資の可能性を示唆

Proudman氏は、「今朝、SkyBridgeがビットコインのマネージャーを募集しているとの報道は、伝統投資企業による高い関心度を証明した」と語った。運用額は92億ドル(約9620億円)に上るSkyBridge Capitalは、SECへの目論見書の中で、仮想通貨への投資機会を提供するファンドに投資することを模索していると16日に発表した。

また、投資企業Digital Capital ManagementのTim EnnekingマネージングディレクターもProudman氏と同意見を示し、ビットコインに対する市場センチメントが改善されているとした。現在の強気相場において、個人投資家でなく、主に機関投資家が活発に動きつつある点を指摘している。

仮想通貨取引所OKCoinのJason Lau COOは機関投資家マネーの流入について、「相場ラリーが主に平日に起きているため、機関投資家による動きが示唆されている」と指摘、「PayPalやJPモルガン、Citiバンクなどの企業は大規模で、ビットコインを資産クラスとしての認識を広めている」と説明した。

関連ビットコイン21年末までに3000万円超え予測=Citiレポート

また、ビットコインのオンチェーンデータを用いて、「過去24時間でアクティブアドレスは124%ほど増加したが、2018年1月の規模には及んでいないことから、個人投資家を中心とした相場ではなく、機関投資家の活発な動きが示されている可能性が高い」とした。

出典:forbes


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します