ビットコインなど仮想通貨全面高、過去の歴史では強気トレンド中の大規模調整も

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

世界中でパンデミックを引き起こしている新型コロナウイルス(Covid-19)をめぐり、米バイオテクノロジー企業「モデルナ(Moderna Labs)」が開発中するワクチンの第3相臨床試験(Phase III)において、「94.5%」と極めて高い有効性を示したことを発表した。

治験における未承認薬は人体へ副作用をもたらす懸念も強いため、臨床試験は3段階に分けられ、フェーズ1は少人数の患者への投与で最適な用法・用量を確認する。徐々に規模を広げていき、「第3相試験」はその最終段階だ。

日本の場合は、臨床試験の最終段階で、医薬品(候補)の有効性と安全性が検証されれば、厚労省への医薬品申請が行われるプロセスとなる。したがって、第3相臨床試験で極めて高い有効性が示されたことは、新型コロナウイルスのパンデミックで深刻なダメージを受ける各国にとっても、待ちわびた朗報であることが言える。

モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は、米政府当局者との会談で「治験が成功すれば、2021年までに5億〜10億回分を生産する」との方針を示していた。モデルナと提携する武田薬品および日本政府は、21年前半に2000万人分を、7~9月に500万人分の供給を受ける契約で基本合意していることから、感染拡大を予防できる恩恵は計り知れない。

これに先駆け、9日には、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが共同開発中の新型コロナワクチンが、第3相臨床試験で90%以上の予防効果があったと発表。米大統領選の先行き懸念も後退したことで、金融市場のリスク選好姿勢が強まっていた。

金融市場への影響とビットコイン動向

モデルナのニュースを受け、16日の米ニューヨーク株式市場は大幅続伸。 ダウ平均株価の終値は、先週末比470ドル高の2万9950ドルとなり、今年2月に記録した過去最高値を9ヶ月ぶりに更新した。

世界経済回復への希望の光が見えたことから、市場が好感した。一方、外国為替市場では、米ドルがほぼ全ての主要法定通貨に対して下落。リスク選好姿勢が強まった。

そのような状況にあるなか、仮想通貨市場への資金流入も加速している。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+4.53%の175万円(16,750ドル)と年初来高値を更新。イーサリアム(ETH)が前日比3.68%高の48,750円まで回復したほか、リップル(XRP)価格が前日比9.2%高の30.87円と高騰している。

fear-and-greed-indexによれば、「極端な強欲水準」を維持している。

fear-and-greed-index

大口投資家による現物主導の上昇が取り沙汰され、オンチェーンデータもかつてなく良好であるものの、ビットコインの歴史を振り返ると、今回のような強気相場の過程でも、さらなる上昇のための屈伸運動である大規模調整(プルバック)は起こり得る。

2015年〜2017年の強気相場では、約2年で計9回の大規模調整を挟んでおり、調整幅は平均37%に及んだ。19年6月14,000ドルを記録した後に30%ほど暴落したが、15年11月には41.3%、17年9月には40.3%の暴落を経験している。

海外の著名アナリストJosh Rager(@Josh_Rager)氏は昨年、過去の上昇相場では30%超のプルバック発生後、平均153%ほどの上値余地があると指摘している。

Josh_Rager

一方、テクニカル上では、中長期上昇チャネルを実体で上抜けるなど強い形状を維持している(下図)。

14,000〜20,000ドルは、上値抵抗線の少ない「真空地帯」に突入しているとの指摘もある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します