CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム・XRP、年間騰落率でビットコイン超え──高騰要因は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム・XRP高騰

21日からの3連休、仮想通貨市場はアルトコイン市場が騰勢を強め、時価総額が2兆円を突破した。

対円相場でイーサリアム(ETH)が6万円、XRP(リップル)が60円台に乗り、年間騰落率でビットコインのパフォーマンスを上回るなど、投資家のリスク選好地合いも強まりつつある(参照:messari)。

過去最高値付近まで急伸したビットコイン市場が一服する中で、利益確定(手仕舞い)の資金先はミドルキャップ以上のアルトコインに向き、仮想通貨市場内の循環物色も確認された。

株式市場でも、強ファンダで特定の銘柄が高騰した後、セクター全体が思惑買いで連れ上げする現象は往々にして見られるが、これは個人投資家の余力増加に加え、思惑が加速するとともに、出遅れ銘柄の相対的な割安感が強まることが一因となる。コロナ禍で価値の保存手段としての資産性が見直され、上昇したビットコインの高騰を契機に、アルトコインを含めた仮想通貨市場への資金流入も強まっている。

CNBCといった米大手報道紙でも、ETHやXRPの高騰や、年初から700%高と高パフォーマンスのChainLink(LINK)と関連するDeFi市場を取り上げるなど、一般投資家の関心度を高める接点が広がりつつある。市場の関心度を示すGoogleトレンドでもBitcoinやXRP(全ての国を対象)といった単語の検索が1年間で最も高い100を示している(イーサリアムは7月DeFiバブル時が依然TOP)。

イーサリアムやXRPの最新ニュース

騰勢を強めるイーサリアムとXRPは、単に循環物色が強まった訳ではなく、市場が好感した材料もあるため、まとめて紹介する。

イーサリアム

イーサリアムは、ETH2.0のブロックチェーン「ビーコンチェーン」のローンチが目前に迫る状況だ。

フェーズ0のローンチに必要なステーキングのデポジット状況は、必要数の52万4288ETHに対し、43万ETHを超えた。

ネットワークを安全に稼働させる上で、ビーコンチェーンのローンチに設けられた規定数まで残り10万ETHを切った(約17%)状況で、条件を満たしたタイミングから、約7日後のタイミングからETH2.0のプロジェクトが稼働を順次開始する。

イーサリアム財団が示す今後のロードマップは以下の通りで、フェーズ0はその最初の段階に当たる。

  • フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)
  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

市場が好感するポイントは、①ETH2.0の立ち上げに伴う関心度高のほか、②ステーキングを支援するイーサリアム財団の助成金(グラント)や投資会社、③ステーキングに伴うロックアップ期間と市場供給量減、④DeFiエコシステムの拡大に関わるスケーラビリティ解消目処と多岐に渡る。

ETHのステーキングの入金先となるETH2.0のデポジットコントラクトは、ETH2.0のビーコンチェーンにおけるステーキング契約機能となるが、入金されたETHはフェーズ2まで約2年間出金できない見込みが立っており、ステーキングされるETHが増加するほど、市場に供給されるETH量の減少を図る一つの指標になる。

また、DeFi市場の台頭で再び問題化した現チェーンのスケーラビリティ問題については、イーサリアムのロードマップでは力を入れているポイントに挙がり、セカンドレイヤースケーラビリティソリューション「Rollups(ロールアップ)」も2020年の時点で実用化の目処が立ちつつある。

イーサリアム2.0は、フェーズ2に至るまで、スマートコントラクトが使用できるバーチャルマシンの実装を行わないが、Vitalik Buterin共同創設者は、「A rollup-centric ethereum roadmap」シャーディングのみができるフェーズでも、Rollupsを利用することで、レイヤー2上でバーチャルマシンの使用ができる可能性があるとしている。

例に、フェーズ1のシャーディングとロールアップを組み合わせることで処理能力の向上が大幅に図れるなど、早期に問題の解消に取り掛かれる可能性を示唆しており、分散型金融(DeFi)や分散型アプリケーション(DAPPs)市場の活性化のポイントとしても注目されている。

XRP(リップル)

XRPは、①強い買いシグナルを示唆するパーフェクトオーダー(短期>中期>長期の順に移動平均線が並ぶ状態)が成立したほか、②中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)にXRPレジャーの活用を模索する動き、③「Flare Networks」によるXRPホルダーへの「Sparkトークン」付与などが、好感されている。

②の中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)へのXRPレジャー活用については、今月中頃にリップル社CEOのガーリングハウス氏が「中央銀行がステーブルコイン(デジタル通貨)発行のためのオープンソース技術として、XRPレジャーに注目している」と発言したことで話題になったものだ。

最新の動向として、世界の中銀を対象にした戦略やパートナーシップ、プロジェクトを指揮できるリーダーを募集する目的で、リップル社が公式にシニアディレクターの募集開始。XRPレジャーでCBDCを発行するイニシアティブに注力する意向を示した。

XRPレジャーの活用へ──リップル社、中銀デジタル通貨(CBDC)のシニアディレクターを募集
米リップル社が、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)に関する業務についてシニアディレクターを募集。XRPレジャーを活用したイニシアティブなど、役割や募集要件を公開している。

また、「Sparkトークン」付与は、2020年12月12日グリニッジ標準時00:00(日本時間午前9時)時点における保有量のスナップショット(権利確定日)に基づいて、XRP保有者にトークン付与が実施される予定。XRPを保有するインセンティブが生まれる要因となっている。

Flare Networkとは|XRPにスマートコントラクトを
仮想通貨XRP(リップル)保有者に対しネイティブトークンSparkのエアドロップを発表したフレアネットワーク(Flare Network)とは。Sparkの特徴とメリット、将来性について概説。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
14:39
米下院議員らがステーブルコイン法案の進展に向けて会合か
米国下院金融サービス委員会の議員たちがステーブルコイン法案の進行について話し合った。超党派の解決策としての法案推進の可能性を探る。法案が可決すれば、規制の明確化による企業・機関の採用増加、マネーロンダリング対策など適切なリスク管理の環境整備が期待される。
14:32
CoinbaseがFinCEN法執行賞を受賞、AML対策と犯罪捜査への貢献
米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが犯罪捜査において顕著な貢献を果たし、FinCENからDirector's Law Enforcement Awardを受賞した。CoinbaseがAML対策を強化し、過去の課題をどのように克服したかについて解説します。
12:40
ビットコイン決済月10万件 メルカリが200万口座突破
メルカリの子会社メルコインが開始した仮想通貨ビットコイン決済サービスが、全ユーザーに開放されてから1ヶ月で10万回の使用を達成。この新機能により、メルカリアプリを通じて即座にビットコインの購入・売買が可能になり、多くの初心者が簡単に暗号資産取引を体験している。
11:51
高止まりで推移するビットコイン、UNI暴落の背景は?
マクロ経済と金融市場 11日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比2.4ドル、ナスダック指数は271.8ポイント(1.68%)高で取引を終えた。ハイテク株が買われ反発した。 …
11:35
イーサリアムの現物ETF承認確率50%以下 JPモルガン分析
JPモルガンのアナリストは、仮想通貨イーサリアムの現物ETFが5月までに承認される確率は50%以下だと意見している。訴訟になる可能性にも言及した。
10:10
バイナンスラボ、ビットコイン再ステーキングの「BounceBit」に出資
BounceBitのネットワークは、仮想通貨ビットコインと独自のBounceBitトークン両方をステーキングできるよう設計された、PoSレイヤー1エコシステムだ。完全なEVM互換性を備えている。
08:30
AI仮想通貨銘柄「TAO」、バイナンスに新規上場
仮想通貨TAOについては、イールドトークン化のプラットフォームPendle Financeが11日にTAOのリキッドステーキングトークンstTAOの利回り取引マーケットを開始した。
08:10
ブラックロックのRWAファンド、いつでもUSDCと交換可能に
ブラックロックのトークン化ファンドBUIDLを即座にUSDCへ交換できる機能をサークルが発表。BUIDLは仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で発行されている。
04/11 木曜日
19:00
クレイトンとフィンシア、統合ブランドを今月末に発表か=報道
クレイトン財団とフィンシア財団は、アジアにおけるWeb3の展開加速のためProject Dragonによるネットワーク統合を推進中。30日には新ブランドを発表し、デジタルウォレットの普及を通じた成長を目指す。各財団のガバナンスメンバーには、ソフトバンクやKakaoが参画している。
18:20
香港ビットコインETF実現への兆し HashKey Capitalらの動向
香港証券先物委員会(SFC)がデジタル資産運用ライセンスを拡張。HashKey Capitalが個人投資家向けサービスを開始する。香港で初のビットコインETFが承認される見込みで、HashKeyはETF提供会社と協力関係にある。
18:10
国際カンファレンス「WebX2024」、2900円の最早期割チケットを販売開始
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンメディア運営の株式会社CoinPostは、企画・運営に関わるアジア最大級の国際Web3

カンファレンス「WebX2024」のチケット販売を開始した

18:00
THE CLUB golf village、暗号資産預託によるメンバーシップサービス『CRYPTO GOLF』を発表
新たなゴルフカルチャーを創造する会員制ゴルフ場「THE CLUB golf village(旧:THE RAYSUM)」を展開する株式会社アセット・ホールディングスは、暗号資産預託によって会員権が発生するサービス『CRYPTO GOLF』を5月以降に開始する。
14:30
グレースケールCEO、「GBTCからの資金流出は均衡に達した可能性」
GBTCのファンドは現在318,451 BTC強を保有しているが、仮想通貨ビットコインETFに転換される直前の年初時点では618,000 BTC強を保有していた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/13 ~ 2024/04/14
東京 東京都港区
2024/04/13 10:00 ~ 17:00
その他 オンライン
2024/04/13 17:30 ~ 21:00
東京 東京都港区
重要指標
一覧
新着指標
一覧