XRPレジャーの活用へ──リップル社、中銀デジタル通貨(CBDC)のシニアディレクターを募集

シニアディレクターを募集

米リップル社が、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)に関する業務について、シニアディレクターを募集していることが分かった。

世界の中銀を対象にした戦略やパートナーシップ、プロジェクトを指揮できるリーダーを募集。最初はXRPレジャーでCBDCを発行するイニシアティブに注力してもらうとしている。

リップル社については今月、Brad Garlinghouse CEOが「中銀がステーブルコイン(デジタル通貨)発行のためのオープンソース技術として、XRPレジャーに注目していることは承知している」と発言。

XRPレジャーはオープンソースのため、必ずしも同社が関与する必要はないとした上で、「いくつかの銀行と対話を行い、XRPレジャーの専門家として助けになるよう努めている。これはXRPコミュニティにとっては良いことだと考えてる」と語った。

関連:リップル社CEO、中央銀行がデジタル通貨発行にXRPレジャーを検討と発言

今回募集しているシニアディレクターには、リップル社の戦略を主導し、中銀との関係構築や教育を行うよう求めている。プロジェクトを進めるために、中銀と良好な関係を維持できるようにすることも重要な役割だとした。

募集にあたっては企業へのセールスや顧客担当において10年以上の経験があることを要件に挙げており、大手金融機関や中銀らを対象にしたグローバルなセールス経験があることを強く要望。中銀幹部や影響力を持つ人物との強いネットワークがあることも望むとしている。

リップル社とCBDC

先月開催されたリップル社の「Swell2020」では、CBDCもトピックにも取り上げた。欧州中央銀行(ECB)の一般市場部門ディレクターと米連邦準備理事会(FRB)ペイメント部門の担当者、世界経済フォーラム(WEF)のブロックチェーン・デジタルアセット・データポリシー責任者が意見を語っている。

またリップル社で企業戦略やオペレーションを担当する吉川絵美氏は今年8月、CBDCやステーブルコインについて、「ブリッジ通貨としてのXRPは競合ではなく補完的な関係にあり、お互いにデジタルであることによって、さらに相乗効果が生まれると考えている」との見解を示した。

関連:リップル社事業説明会、仮想通貨XRPのニーズと日本市場の戦略が明らかに

参考:リップル社

最新の市況記事を公開しました:「イーサリアム・XRP、年間騰落率でビットコイン超え──高騰要因は? 」

イーサリアム・XRP、年間騰落率でビットコイン超え──高騰要因は?
21日からの3連休、仮想通貨市場はアルトコイン市場が騰勢を強め、時価総額が2兆円を突破した。対円相場でイーサリアム(ETH)が6万円、XRP(リップル)が60円台に乗り、年間騰落率でビットコイン(BTC)のパフォーマンスを上回るなど、投資家のリスク選好地合いも強まりつつある。
著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します