CoinPostで今最も読まれています

Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

JeluridaがBridge Champを開発

スイスのブロックチェーン企業ジェルリダ(Jelurida)が、コントラクトブリッジというトランプゲームのオンチェーン版である「Bridge Champ」の開発を開始したことを発表した。Bridge Champでは、コントラクトブリッジの中核的機能が自動化され、それによりコントラクトブリッジのクラブオーナー達がコンペティションを開催し、効率的に収益を得ることが可能になるという。

Bridge Champは、ジェルリダのプロダクトIgnis(イグニス)上に構築されている。

開発の背景

コントラクトブリッジとは、トランプのチェスとも呼ばれる複雑なゲームで、高度なリスクマネジメントや戦略を要し、運の要素が最大限まで排除されている。世界選手権や国際競技会が開かれるほど、世界中で広く認知されている。

インターネットの台頭と共に、オンラインゲームとして人気を博し、多くのトーナメントが開催された。しかし、2つのプラットフォームによる市場寡占状態が続き競争が促進されなかったため、優れたユーザーエクスペリエンスが提供されず、既存のコントラクトブリッジクラブに対するホワイトラベル(ある企業の製品やサービスを他会社が自社ブランドとして販売できるようにすること)的ソリューションに適さない、閉鎖的な空間になっているのが現状だ。

今回の開発では、ブロッックチェーン技術を取り入れることでこのような課題に取り組み、コントラクトブリッジおよびトーナメントシステムを画期的に発展させることを目的としている。

開発の詳細

Bridge Champの開発は、コントラクトブリッジ学習プラットフォームを提供しているBridge Online Academyと共同で行われている。ジェルリダCEOのLior Yaffe氏によると、Bridge Online Academyからジェルリダへ、ゲームおよびトーナメントデザインに関する技術的コンサルティング、ならびにクラブオーナーおよび業界の有識者とのコネクションを作るためのサポートが提供されているという。

Bridge Campでは、プレーヤー向けに設計されたカスタマイズ可能なプレー環境が提供される。また、最先端のゲームエンジン、ならびに競技会の企画および実行用のオープンAPIも用意されている。UIには動画およびオーディオ共有、ゲーム化ならびにトークン化などのソーシャル要素も兼ね備えているため、ビジネスとして収益を得ることが可能になるという。

Bridge Champは、Ignis(下記参照)というブロックチェーン上に構築されているため、その技術を活用し、以下の機能が利用できる予定だ。

  • 競技会の企画および参加用のゲーム内のトークンエコノミー
  • 「proof-of-play(プレーした証拠)」およびプレーヤーの成果に基づいたBridgeトークンのマイニング
  • 成果の改竄防止
  • ランダム性の保証および不正防止

Ignisとは

Ignisとは、ジェルリダが開発を行っているパブリックブロックチェーン、アーダー(Ardor)で最初に作成されたチャイルドチェーン(シャードチェーン)だ。

アーダーでは、チャイルドチェーンの作成者が、作成したチェーン上で利用可能な機能に制限をかけることができる仕組みになっているが、Ignisには機能制限がなく、アーダープラットフォーム上の全ての機能が利用できるパーミッションレス型ブロックチェーンとして稼働している。利用可能な機能には、ユーザーがあるアカウントに対して「タグ」をつけることを可能にするアカウントプロパティ設定機能や、マルチシグ設定などができるアカウントコントロール機能など、アカウントに特化した機能も含まれている。これらの機能は、他のチャイルドチェーンでも利用可能だが、Ignis上ではとりわけ簡単に利用できるようにサポートされている。

Ignisには、プライバシーを向上させるための機能も備わっている。コインシャッフリングというプライバシーメカニズムを有効にすると、この機能を有効化したアカウントの資産やチャイルドチェーントークンが、他のアカウントの資産とランダムに混ぜられる。これにより、資産やトークンの出所が分かりづらくなるため、プライバシーがより一層保護される。また、アーダーのチャイルドチェーンでは、アカウント間でメッセージを送り合うことが可能だが、Ignisではプライバシー保護のためにメッセージを暗号化することも選択できる。

Ignisでは、スケーラビリティおよび柔軟性向上のために、軽量版のスマートコントラクト(lightweight contract)が利用されている。このシステムでは、一般的なパブリックチェーンと異なり、コントラクトに書かれているコードの実行に全てのノードの検証を必要とせず、希望したノードだけがコード実行に関わることができる。

Ignis上には、コイン取引所(Coin Exchange)および資産取引所(Asset Exchange)と呼ばれる分散型取引所が存在している。コイン取引所ではチャイルドチェーントークンおよびメインチェーンであるアーダーチェーンのトークンARDRのトレードを、資産取引所ではセキュリティトークン、ユーティリティトークンおよびNFT(Non Fungibele Token/非代替性トークン)などIgnis上で発行されたトークンのトレードを、それぞれ行うことができる。また資産取引所ではクラウドファンディングや投票、ゲーム内通貨などのユースケースで利用するための、特別なトークンの発行、カスタマイズおよびトレードが可能だ。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/21 日曜日
18:28
大手仮想通貨取引所BingX CPO、ビットコイン半減期の影響を語る
暗号資産(仮想通貨)業界で4年に1度のビットコイン(BTC)の半減期が訪れる中、TradingViewの「ベスト暗号資産取引所2021 & 2022」の受賞歴を持つBingX(ビンエックス)のヴィヴィアン・リン氏にインタビューを実施しました。
11:30
ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性|bitbankアナリスト寄稿
4度目の半減期を迎えるビットコイン。半減期後はネットワークが安定するまで相場は不安定となるか。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|税制などの自民党web3PTの提言に高い関心
今週は、自民党web3PTのホワイトペーパー2024の発表、JPモルガンによる半減期後のBTC相場分析、香港におけるビットコインとイーサリアムの現物ETF承認に関するニュースが最も関心を集めた。
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧