間もなくデジタル人民元の大規模テスト──中国蘇州市

12月の大セール日に実証実験スタート

中国の上海西側に位置する蘇州市で行われる、デジタル人民元(DCEP:Digital Currency Electronic Payment)の大規模テストについて詳細が明かされた。また香港でもDCEPテストが計画されている。

蘇州市は、デジタル人民元を合計2000万元(約3億円)市民に配布すると発表した。蘇州の住民のみが利用できる抽選で計10万人に分けて分配し、一人あたりの金額は200元(約3000円)になる。

地元住民は12月5日から12月6日までの間に抽選にエントリーすることが可能で、結果は12月11日に発表されるという。この日は、中国では大セールが行われる日として知られる「12月12日(双12)」の前日にあたっている。

当選者は、12月11日から12月27日まで、DCEP決済をサポートする店舗や、eコマース大手JD.comのオンラインショップの一部でDCEPによるショッピングを行えるようになる。

オフライン決済機能も搭載

さらに、蘇州市のテストでは、前回同様のテストが行われた深セン市では導入されていなかった機能も試験される予定だ。宝くじにより選ばれた市民は、DCEPウォレットに組み込みのオフライン決済機能をテストできる。

DCEPウォレットは、中国農業銀行、中国工商銀行(ICBC)、中国建設銀行、中国銀行、交通銀行、中国郵政儲蓄銀行という6つの国営銀行を介してのみアクティブ化が可能だ。

中国では10月にも、深セン市で同様のDCEP大規模テストが行われていた。抽選に当たった一般市民5万人に総額1000万人民元(1億5800万円相当)を配布。選ばれた5万人の95%がDCEPを受け取り、配布総額の88%が消費されたと報告されている。

DCEPのテストは活発で、蘇州、深センに加え、成都、雄安でも、デジタル人民元のさまざまな試験が展開されている状況だ。

関連: 『成功裏に終わった』中国、1.5億円相当のデジタル人民元配布が意図するもの

香港でもデジタル人民元テスト計画

さらに、香港でもデジタル人民元のテストに向け、中国当局と香港金融管理局(HKMA)が話し合っていることが分かった。

HKMAの公式ウェブサイトで、HKMA最高経営責任者Eddie Yue氏は国境を越えた決済を巡る状況についての文章を発表。その最後でDCEPのテスト計画について次のように明かしている。

HKMAと中国人民銀行のデジタル通貨研究所は、国際決済を行うために、デジタル人民元を使用する技術的なパイロットテストについて話し合っている。また、実験に対応する技術的準備も行っている。

またYue氏は、人民元はすでに香港で使用されており、それを電子化したデジタル人民元の地位は現金と同様にみなされるため、香港と中国本土の観光客にとって利便性をもたらすと続けた。

DCEPのテスト開始時期についてはまだ定まっていないものの、国境を越えた消費を行う必要のある、香港と中国本土の人々に追加の決済オプションを確実に提供したいと語る。

10月には香港の財務長官も、香港でのDCEPテストに協力したいと発言しており、特にリテールよりも国際決済での活用に注目していると説明した。

関連: 香港財務長官「デジタル人民元の使用、協力の用意ある」

著者:A.Yamada

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します