CoinPostで今最も読まれています

『成功裏に終わった』中国、1.5億円相当のデジタル人民元配布が意図するもの

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル人民元の実証実験終了

中国広東省の深圳市で1週間にわたり実施された、デジタル人民元(DCEP:Digital Currency Electronic Payment)の大規模実証実験が、10月18日に終了した。

中国政府は実証実験にあたり、抽選で選んだ一般市民5万人に総額1000万人民元(1億5600万円相当)を配布し、3000以上の加盟店舗における利用を促した。

深圳市の報告によれば、その結果、5万人の当選者の95%が実際にDCEPを受け取り、配布総額の88%に相当する876万4000元(約1億3700万円)が消費されるなど「成功裏に終わった」。

実験以外の効用

中国人民銀行と共同で実施した、このキャンペーンは、DCEPの研究開発のための定期的な実証実験であるとともに、内需を高めるための消費刺激策であったと、深圳市当局は述べている。コロナ禍によって打撃を受けた経済に対する、1.5億円相当の景気刺激策としての役割も同時に果たしたわけで、非常に巧みな政策だといえるだろう。

DCEPを受け入れた店舗も、大型スーパーから、生鮮食品小売店、飲食店、生活雑貨、薬局、書店、ガソリンスタンドなど、多岐にわたっており、バーコード決済など消費者にとっての、使い勝手も良かったようだ。

そして、DCEPを受け入れるためのシステム導入等の運営体制の整備は、加盟店側ではなく、政府の負担で行われ、このプロジェクトは決済状況の調査だけではなく、それを支えるシステム全般の試験運用も兼ねていた。

ブロックチェーン技術は使用せず

国営の報道機関、新華社通信は、「デジタル通貨とブロックチェーンは同じではない」として、このDCEPを支える技術が、厳密にはブロックチェーンではないことを指摘した。DCEPの開発には、既存の電子決済をベースにした新技術なども考慮されており、特定の技術には限定されないと説明した。

ブロックチェーン技術の導入を国家戦略に掲げる中国の動きとしては多少違和感があるが、中国の仮想通貨事情に詳しいShuyao Kong氏の分析によれば、「資金洗浄やPlus Tokenなどの詐欺プロジェクトに利用されると一部で認識されている仮想通貨と、国家の威信をかけたDCEPとの間で一線を画すためではないか」としている。

また、政府の金融政策を反映させるためには、分散型よりも中央集権型の技術に基づいた通貨の方が適しているとの考え方も、これまで指摘されている。

既存のモバイル決済とは競合しない

中国はキャッシュレス化が非常に進んでいることで知られており、非現金小売決済の過半数にモバイル決済が利用されている。そして、アリババ系のAliPay(54%)と 大手IT企業テンセントのWeChat Pay(39%)がモバイル決済をほぼ独占する構図となっている。民間企業が、決済インフラに多大な力を持っていることは、政府にとっては脅威ともなり得るだろう。

しかし、新華社通信は、DCEPはこのような既存のモバイル決済に取って代わるものではないと主張している。その根拠として、AliPayを運営するアントグループが、DCEPの研究開発に積極的に参加していることを挙げるとともに、中央銀行デジタル通貨研究所所長が、DCEPは「人民元のデジタル化」であると明言していると説明した。そのため、公共財であるDCEPは他の電子決済を補完する存在となるとしている。

政府にとっての利点

一方で、DCEPと民間のモバイル決済の間にはいくつかの重要な違いがある。一つは、DCEPの利用における決済手数料が、加盟店から徴収されないこと。そして、もう一つは、利用者の個人情報が民間決済業者の手に渡らないことだ。

前者の場合、現行のモバイル決済でも利用者に手数料は課されないため、消費者にとっての差はない。しかし、中国政府にとって重要なのは、後者の決済情報の把握が可能になることではないだろうか。匿名性の高い現金に代わり、「制御可能な匿名性」を持ったデジタル通貨を発行することで、当局は資金の流れに関する情報を把握することも可能になる。2016年に発表されたDCEP計画の目的の一つとして、脱税の防止が掲げられていたが、さらに、資金洗浄などの不正行為の追跡にも役に立つだろう。

先週末、中国人民銀行は、DCEPの合法化と人民元を裏付けとするステーブルコインの発行及び流通を禁止する改正案を公表した。法の整備が進むことで、正式なかつ唯一のデジタル版人民元として、DCEPの普及は、着実に前進することになると思われる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧