CoinPostで今最も読まれています

Vitalik氏:ビットコイン VS ビットコインキャッシュの議論に言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Vitalik氏のライブツイート
韓国で行われているDeconomy会議にて、Bitcoin.comのCEOを務めるRoger Ver氏とBlockStreamのCSOを務めるSamson Mow氏がビットコインとビットコインキャッシュについて議論を行い、イーサリアム開発者のVitalik氏が、その議論についてライブツイートを行いました。
ビットコインとビットコインキャッシュの議論
スケーリング問題を、ライトニングネットワークなどのオフチェーン技術で解決しようと試みるビットコインと、プロトコル自体のブロックサイズを拡張し、オンチェーンでの解決を試みるビットコインキャッシュの議論、発言に対するVitalik氏の反論、そして、自身の見解も記述されました。

24歳のイーサリアム開発者であるVitalik Buterin氏(以下、Vitalik氏)は、Samson Mow氏(以下、Mow氏)とRoger Ver氏(以下、Ver氏)のビットコインとビットコインキャッシュへの議論に対してライブツイートを行いました。

さらに、彼は、BTCとBCHのスケーリングや、ネットワークの発展に対する自身の見解も述べました

ライブツイートでの議論

現在韓国でDeconomy会議が行われており、Vitalik Buterin氏を始め、Bitcoin.com のCEOを務めるRoger Ver氏、Craig S Wright氏(以下、Wright氏)、BlockStreamのCSOを務めるSamson Mow氏、ライトニングネットワークのホワイトペーパーを執筆したJoseph Poon氏を招待しています。

そして、Jeff Paik氏及び、仮想通貨業界に対し対照的な考えを持つVer氏とMow氏も登壇しました。

彼らは、ビットコインやビットコインキャッシュについて言及し、”オンチェーンとオフチェーン”の話題を中心として議論が行われました。

Vitalik氏は、イベントの中で、Wright氏や、Ver氏とMow氏の議論についてライブツイートを行いました。

ビットコインキャッシュはコミュニティ内で長らく行われていたそのスケーリング問題解決の方向性の違いから、2017年8月にビットコインからのフォークによって作成されました。

ビットコインが、SegWitやライトニングネットワークなどの革新的な”オフチェーン”技術を使用して取引を増やそうと考えている一方で、ビットコインキャッシュは、”オンチェーン”とも称されるプロトコル自体の基盤であるブロックサイズを拡大させることで取引を円滑に進めようとしていました。

どちらの解決策にもメリット、デメリットは存在しますが、その異なるプロトコルが人々に受け入れられていくに連れて、どのように機能するかの差がより顕著に表れてくるでしょう。

Mow氏 VS Ver氏|ビットコイン VS ビットコインキャッシュ

Ver氏は、その手数料が使用することを躊躇う水準まで高騰し続けるという意見に対抗意見を投じました。

ブロックサイズを拡大させるという既存の方法を続けていくのは保守的であると言えます。」

Vitalik氏は、この意見に同意しましたが、以下のように言及しました。

「ビットコインコア開発者達はノードをより効率化させており、実際ブロックサイズが拡張されても対応し、効率的に処理を進める事ができるので、魅力的であると言えるかもしれません。」

さらに、Vitalik氏は、SegWitにおいてのブロックサイズの誤解を訂正しました。

Mow氏は、ブロックサイズがSegWitによって4MBまで拡張可能であると述べ、それに対し、Vitalik氏は、SegWitを実用しても、その採用率によってブロックサイズは1.3~2.4MBの間に収まると言及しました。

42. “現時点で、ブロックウェイトは4MBまで拡張できるのです” ーこれは論理的には可能ですが、SegWitの種類及び、採用率によって実際にブロックサイズは1.3~2.4MBほどに収まるでしょう。

Vitalik氏は、Mow氏がブロックサイズの上限をレストランに例えた事にも言及しました。

Mow氏は、”もしレストランが満員であれば、少々待てばいいのです。”と語りました。

Vitalik氏はそれに対し、以下のように反論しています。

「私はこの例えは非常に悪い例えだと考えています。私自身もよくレストランに行きますが、もし満員だった場合は他のレストランに行きます。

45.「ビットコインコアからライトニングネットワークに移行するよりも、ビットコインコアからアルトコインに移行する方が遥かに容易なのです。」

これは、実際非常に興味深い視点かもしれません。ライトニングネットワークは、ビットコインの”通貨”ネットワークから恩恵を受け、”技術/発展”ネットワークからは恩恵を受けていないのです。

46. Mow氏:「ブロックサイズ上限は実用の妨げにならないと考えています。あなたも、もしレストランに行って、満員だったら、待つと思います。」

これは、ひどい例だと言えます。

私自身もよくレストランに行きますが、もし満員だった場合は、他のレストランに行きます。

Mow氏やVer氏は、「鶏が先か、卵が先か」というジレンマに倣い、正式なお金が先か実用が先かという議論にも及びました。

Mow氏は、正式なお金は長期的に見て、取引や実用よりも大切であると主張し、Ver氏は、取引と実用こそが正式な通貨としての価値を持たせると主張しました。

47. Mow氏:「もしアルトコインでの決済を受け付けたとしても、流動性は非常に限定的であると言えます。」

個人的には、2015年以降の上位10~50の仮想通貨の流動性は決して低くはないと考えており、アルトコインは決済チャネルとして向いていると思います。

そして、残高が$100ほどになってきたら、ビットコインに変えて、法定通貨に戻せば良いのです。

48. Mow氏:「正式なお金は、取引や実用性よりも大切である。」

Ver氏:「取引や実用性こそが、お金を”正式なお金として”成立させている。」

ここでも私は、Ver氏側に賛成です。

Vitalik氏は、Mow氏のライトニングネットワークとBCHの説明にもSegWitが必要であると記述しています。

Ver氏は、この主張に対し、ライトニングネットワークを有効にするのに必要なのは(SegWitのような)順応性のある解決策であると述べました。

そして、順応性を解決するBCHが採用された柔軟な取引を実現した後に、ライトニングネットワークの実用に進めば良いのではないかと考えられています。

この議論は、Jeff Paik氏の「どうして2人はお互いを敵対視しているのでしょうか」という質問で締めくくられました。

Ver氏は、コア開発者達が多くのユーザーの意思に反して”価値の保存”という概念を蔑ろにしている事を主張しました。

一方でMow氏は、それを軽視し、公に批判しました。

さらに、彼は、ビットコインキャッシュをビットコインキャッシュと読んでいる事自体が大きな問題であると述べました。

Vitalik氏はこれに対し、イーサリアムクラシックと比較すると不公平であると言及した後、この両者の厄介な議論は改善されるべきであると強調し、ライブツイートを締め括りました。

VITALIK BUTERIN COMMENTS ON BITCOIN VS BITCOIN CASH DEBATE

Apr 4, 2018 by MATTHEW HRONES

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧