仮想通貨取引所GMOコイン、販売所でテゾス(XTZ)の新規取り扱い開始

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは、「販売所」にてテゾス(XTZ)を取扱開始することを発表した。

テゾスは、CoinMarketCapの時価総額20位以内のラージキャップアルトコイン。8日にはbitFlyerに上場しており、今回は国内2例目となる。

テゾスは、2018年にメインネットが開始された暗号資産(仮想通貨)。分散性を重視したリキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)や、より良いプロトコルの改良を目指すオンチェーンガバナンスなどの特徴を有し、スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したブロックチェーンプラットフォームとされる。

直近では、米コインベースなど各国の取引所がテゾス(XTZ)ステーキングのサービスを開始しており、今後国内でも実現する可能性が期待される。

テゾスの特徴など詳細はこちら。

関連:仮想通貨 Tezos(XTZ)とは|今後の将来性について

著者:S.Ninomiya
参考:GMOコイン プレスリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します