CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Bytecoin(バイトコイン)とは|今後の将来性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨:Bytecoin(バイトコイン)とは
Bytecoin(バイトコイン)について、解説したページです。Bytecoin(バイトコイン)の価格上昇に関する今後の将来性、格安で購入可能なおすすめ取引所についてまとめています。

Bytecoinとは

Bytecoinは、誰もがBytecoinネットワーク開発に参加することを可能にするオープンソースコードを備えた仮想通貨です。

決済機能の他に高い匿名性を備える仮想通貨でもあり、1単位はBCNと記されます。

また、Bytecoinが発表されたのは2012年7月であり、匿名性通貨の中では最も歴史のある通貨と言えるでしょう。

機能として匿名性をウリにしている仮想通貨Moneroは、Bytecoinをベースとして開発されています。

CoinPostの関連記事

仮想通貨 モネロ(Monero)とは?
リング署名により取引履歴のトラッキングが困難な匿名通貨 ミキシングと同等の効果を得られる技術によって取引に...

仮想通貨における取引や送金は、全てブロックチェーンに記録され、不正や改ざんはほぼ不可能です。

つまり、通常の通貨での送金・売買では、アドレス・金額などは把握しようと思えば容易に把握できてしまうというデメリットがあります。

対して、Bytecoinなどの匿名性通貨は、ブロックチェーン技術を使用しても、個人の情報を特定させないという特性がある為、市場においては人気の通貨の1つだと言えるでしょう。

Bytecoinの特徴

Bytecoinの発行枚数は、1884億7000万であり、ビットコインが2100万だと考えると、数十倍の規模になります。

また、単純な処理能力ではビットコインよりも優れており、ブロック生成は約2分(120秒)で完了します。

発行枚数の関係もありますが、Bytecoinの送金処理などにおいて遅延することはほとんどないと言っていいでしょう。

高い匿名性

Bytecoinの最大の特徴は、「匿名性の高さ」にあります。

暗号通貨とも呼ばれるだけあって、セキリティだけでなく、通貨の機能としても個人情報を出来る限り秘匿することが可能です。

仮想通貨の売買のみを行う場合、ブロックチェーンへの記録を気にする方はあまり多くない状況です。

しかし、ブロックチェーンが分散型記帳システムであっても、その気になればブロックチェーン上の記録を辿り、特定の人物がどのくらいの金額をやり取りしているのかなどは容易に把握することが可能となっています。

つまり、Bytecoinなどの匿名性を備える通貨を使用しない限り、企業・個人に関係なくブロックチェーン上の特定のアドレスさえ分かってしまえば、追跡そのものは難しいものではありません。

ハッキング耐性

Bytecoinは「CryptoNight」と呼ばれるアルゴリズムの使用によって、ブロックチェーンのシステムに対して高い匿名性を提供しています。

例えば、CryptoNightで使用される「リング署名」では、ブロックチェーンを使用していても処理において複数人が認証することになる為、認証された事実を本人はわかりますが、個人を特定することが不可能となります。

リング署名

通貨を供給するために使用している暗号アルゴリズムは、解読することが不可能であり、アカウントキーを把握しようとすると膨大なリソースが必要になるため、攻撃が不利になります。

また、珍しい仕組みとして、インターネットバンキングなどでも利用されるワンタイムキーが作られます。

プロトコルの重要な部分は、送信者によるランダムなデータの使用であり、仕組みとしてブロックチェーンを利用したとしても、受取者だけが金額を知るという状態を作ることが可能です。

ワンタイムキー

Bytecoinのメリット

Bytecoinのメリットは、匿名性の高い取引が可能であり、送金・受取スピードなども十分に高い能力を有している所にあります。

加えて言えば、マイニング難易度が低い仮想通貨というのもメリットの1つでしょう。

しかし、マイニングによる難易度は低くとも、殆どがマイニング済みである為、報酬も安価となっています。その為、あえてマイニングを行うメリットは低いと言えるでしょう。

Bytecoinのデメリット

Bytecoinのデメリットは、優位点である匿名性が、代替え可能な通貨が多数あることで薄まってしまうことが挙げられます。

MoneroやDASHなどの有名な匿名性通貨の他、イーサリアムもZcachの実装によって高い匿名性を獲得している為、Bytecoinの市場でのニーズは下がり続けるという懸念もあると言えるでしょう。

また、国際的に目を向ければ、匿名性通貨はマネーロンダリングに使用される可能性もあり、世界各国での仮想通貨に対する規制を加速させる要因となっています。

実際、CoincheckでのNEM流出事件では、一部でDASHが使用されたという報道がありました。

この事件においては、匿名性通貨のみでなく仮想通貨に関するあらゆるリスクが表面化した形となっており、今後匿名性のみが仮想通貨としての優位点である通貨は、淘汰されていく可能性があります。

今後の将来性

通貨の発行量は「1844億7000万」BCNに制限されており、120秒ごとに放出される「Bytecoin」でわずかずつ減少するデフレプログラムにより、BCNの希少価値が上昇していくことが期待されている、と公式サイトに掲載されています。

通常の通貨(例えばビットコイン)は約4年ごとにマイニング報酬が半減され、急激な変化が起きますが、Bytecoinはそうではなく、少量ずつ減っていく状態になっています。

Bytecoinはオープンソースであり、公式ホームページにはBytecoinのプログラムに関して協力した多数の人たちの名前が掲載されています。

開発元は「bytecoin.org」であり、Bytecoinはオープンソースである為、明確な開発者は居ません。

コミュニティにおいてはコミュニティ代表者の名前が記載されていますが、あくまでもリーダーの名前と考えて良いでしょう。

また、提携企業に大手企業はないものの、提携企業を拡大する動きと共に、通貨そのものの改良・開発は現在でも続いています。

Bytecoinの戦略として、今後はアジア地域の普及から始め、支払いプラグインの開発まで記載されているため、プロジェクトとしての展開も期待できます。

もっとも、Bytecoinの発行枚数は上限に近く、マイニングを行うメリットはほぼなくなってきています。

Bytecoinのみでなく、匿名性通貨は今後の日本においても規制対象となる可能性があり、犯罪行為に利用された例もあるため、規制の影響には十分注意する必要があります。

取り扱い取引所

Bytecoinは、国内で取り扱いのある仮想通貨取引所・及び販売所がないので、海外取引所を使用しなければ、Bytecoinを入手することは出来ません。

また海外取引所全ての共通事項として、セキュリティやサーバーの強さなど不明瞭なものも多く存在しています。

そのため、海外取引所の利用については、よく調査したうえで選定しましょう。

Bytecoinを購入できる仮想通貨取引所としては、ICO直後の通貨取り扱いの多い「Hitbtc」、大手取引所「Poloniex」などがあります。

poloniex(ポロニエックス)の使い方
仮想通貨の入出金、売買方法の解説 英語が分からなくても問題ありません。画像付きで解説します。 間違えやすい例の紹介...

まとめ

Bytecoinは匿名性通貨の先駆けであり、今後も開発が続いていくことから、価値向上の兆しが見えてから購入するという選択肢もあります。

ただし、匿名性通貨は国際的に規制強化の兆候もあるため、今後の動向にも目を光らせる必要があります。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア