CoinPostで今最も読まれています

poloniex(ポロニエックス)の使い方

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の入出金、売買方法の解説
英語が分からなくても問題ありません。画像付きで解説します。
間違えやすい例の紹介
間違った送金方法を行ってしまうと送った通貨が消えてしまう場合がありますので注意が必要です。
マージン取引やレンディング
レバレッジやレンディング利息についても詳しく解説します。
目次
  1. 仮想通貨の入金と出金について
  2. 仮想通貨の売買について
  3. マージン取引について
  4. レンディングについて

仮想通貨の入金と出金

入金はサイトの右上のメニュー「BALANCE」の「DEPOSITS&WITHDRAWALS」から行うことが出来ます。公式サイトリンク

DEPOSITS&WITHDRAWALSには通貨が一覧で表示されています。さまざまな仮想通貨がありますが、今回は一般的なBTC(ビットコイン)を例にします。BTCの「Deposit」をクリックすると、入金用のアドレスが表示されます。このアドレス宛にビットコインを送金すれば入金が完了します。「Show QR Code」を押すと入金用アドレスのQRコードが出るので、Jaxx等のアプリから送金する場合はアドレスを間違えないようにQRコードを読み込むことをお勧めします。

※イーサリアムの入金用アドレスにビットコインを送るなど、間違った送金方法を行ってしまうと送った通貨が消えてしまう場合があります。何度か確認して間違いがないか確かめましょう。

ここで慣れていない方がよく間違えてしまうケースを紹介します。仮想通貨ごとにアドレス以外の固有の入力項目がある場合が存在します。今回はXEM(ネム)を例にあげます。「Deposit」を押すと上記のビットコインと同じような画面になります。

赤下線部に「Your NEM Massage」と書かれています。つまりこれはネムのアドレスではないのです。間違えて送金してしまうと通貨が消えてしまいます。

アドレスを表示させるには「Deposit Adress」をクリックしましょう。

するとビットコインと同じように下にアドレスが表示されます。必ずこちらのアドレスに送金するようにしてください。アドレス以外の仮想通貨ごとの固有の入力項目(今回のネムの例ではmessage)もしっかり記入しましょう。他にもいくつかこういった表示形式の仮想通貨がありますので、やはり何度か確認してから作業を完了させましょう。

ちなみに送金に関しても、メニュー「BALANCE」の「DEPOSITS&WITHDRAWALS」から行うことが出来ます。

※Transaction Fee=送金手数料

送金先のアドレスと金額を記入し、「Withdraw」を押します。

まだ送金の作業は残っています。「Withdraw」を押した後、登録したメールアドレスに出金手続きの確認メールが届きます。こちらのメールにて出金手続きを完了しなければ、Poloniexから送金先アドレスへ出金されないので、この作業を忘れないように気を付けて下さい。

ちなみに、送金が反映されるには時間がかかる場合もあります。

仮想通貨の売買について

仮想通貨の売買はまず左上のメニューの「EXCHANGE」を押します。

すると上の画面のようなFXや株と同じようなチャートが表示されます。現在はイーサリアム(ETH)/BTCのチャートですね。他の仮想通貨のチャートに切り替えるにはチャートの右にある「MARKETS」から操作できます。

Coin 仮想通貨の略称、単位
Price BTC換算のレート(ETH、XMR、USDTにも変更可能)
Volume 直近24時間のBTC換算の取引量(ETH、XMR、USDTにも変更可能)
Change 直近24時間のプラスマイナス

PriceからNameそれぞれ昇順降順に並び替える事が出来ます。最初はBTC建ての画面が表示されていますが、画像の赤枠でETH、XMR、USDT建ての画面に変更可能です。なお、BTC以外では売買出来ない仮想通貨が大半ですので注意が必要です。

さて、チャートの下の「BUY」と「SELL」からいよいよ仮想通貨の売買に入ることが出来ます。

「Price」には自動的にレートが入力されていますが、安く買いたいor高く売りたいのであればチャートを見ながら自分でレートを入力し、このレートで買いたいor売りたいという注文を出すことをおすすめします。チャートの下には「SELL ORDERS」と「BUY ORDERS」、つまりは他の人の注文履歴が見えるのでそこも参考にするべきでしょう。その後「Amount」に買いたい仮想通貨の量を入力すると「Total」に合計金額が表示されます。

「Fee」は手数料の事で、0.15/0.25%と表示されているのは左がMaker(注文者)、右がTaker(注文者から買う人)の手数料です。この手数料についてはpoloniex(ポロニエックス)とは?に詳しく掲載してあります。

「BUY」or「SELL」で注文を出すと、同じ値段で注文している人と取引することが出来ます。その値段の注文がまだないのであれば待機することになります。ちなみに注文さえ出しておけば自動で売買されますが、「MY OPEN ORDERS」の「Cancel」を押すことで取り消しすることも出来ます。このように、相場をチェックして注文価格を調整するのも簡単なので英語が分からなくてもすぐに慣れるでしょう。

マージン取引について

poloniexでは通常の現物取引に加えてレバレッジをかけてのマージン取引ができます。

    1.「TRANSFER BALANCES」をクリックし、マージンアカウントに仮想通貨を移す 2.「MARGIN TRADING」をクリックし、マージン取引したい通貨ペアを選ぶ 3.BUYかSELLかを選び取引開始
借り入れ相手 P2P(個人端末同士)※poloniexではない
レバレッジ 2.5倍
取引通貨 BTC建取引のみ

マージン取引は、借入資金で行う取引ですが、取引はPoloniexから現物を貸し出すのではなくP2P(個人端末同士)で行い、レバレッジは2.5倍、BTC建の取引のみといった特徴があります。 通常取引と異なって分かりにくい注意点として、ローンレート(Loan rate)の設定が必要です。ローンレートとは、他のユーザーからどのくらいの金利で借りるかの許容値です。

上の画像では2%となっていますが、ローンレートは自分で設定可能です。

ローン期間は2日ですので、2日以上オーダーを置いたままにすると設定金利よりも高くなる可能性があります。指定した金利以下の提供者がいない場合、マージンオーダーの代わりにトリガーオーダーが行われます。 取引が成立せず、オーダーブックに登録されたまま取引待ちになっている場合でも利子が発生してしまうので注意が必要です。

レンディングについて

上記したPoloniexのマージン機能を使っているトレーダーに通貨を貸し、利息を受け取ることが出来るレンディング機能があります。

  • 期間は最大2日
  • 期間を過ぎると利息付きで返却される
  • 利息の15%がPoloniexの手数料として引かれる
  • 全通貨でレンディングが可能
  • レートは各通貨毎に日毎で変動

BOTによるレンディングの自動化

レンディングは手動でオファーを行いますが、取引所が提供するAPI(自分が作成した外部プログラムを取引所のプログラムと連携させる)を使用し、自動でオファーを行うことのできるBOTが存在します。poloniexのレンティングBOTにはbitseederとPoloniex Lending BOTがあります。

bitseeder PoloniexLendingBOT
手数料 8% 10%
言語 日本語 英語
登録方法 Facebook twitter Google 独自アカウント

自動化によるメリットを説明します。レンディングをマージントレーダーにオファーすると金利が1日単位でかかりますが、もしマージントレーダーが利益を得てすぐ返却したとしましょう。数時間で返却された事を数日後に確認した場合、手動の場合当然何日もの間レンディングを行われていません。レンディングBOTによりこの無駄を省くことで、効率的に利益を得ることが出来ます。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧