仮想通貨取引所bitbank、27日にクアンタム(QTUM)取扱い開始

bitbank、QTUM取扱開始

暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社は、新規暗号資産クアンタム(QTUM)の取扱を2021年1月27日(水)より開始することを発表した。

現物取引所の取扱ペアに、QTUM/JPYとQTUM/BTCの2ペアが追加される。ビットバンク取引所で取り扱う資産としては8種類目の暗号資産(仮想通貨)となる。

QTUMは国内でコインチェック、DMM Bitcoinなどの取引所で取り扱い事例がある。

クアンタム(QTUM)とは

クアンタム(QTUM)はシンガポールを拠点とするQtum Chain Foundation Ltd.が主導するプロジェクトで、ビットコインで採用されているUTXO方式や、スマートコントラクトが実装されていること等が特徴とされている。

また、時価総額2位のイーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトを実装しているため、ビットコインとイーサリアムの長所を掛け合わせた暗号資産と言われている。

暗号資産の名称:クアンタム

シンボル:QTUM

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します