CoinPostで今最も読まれています

デジタル通貨(CBDC)の恩恵とリスク──ダボス会議2021

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国とシンガポールの代表者がCBDCを語る

オンラインで開催中のダボス会議で、「デジタル通貨のリセット」と題されたパネルディスカッションが行われた。中国国立金融研究所の朱民所長、シンガポール政府のTharman Shanmugaratnam上級大臣らが参加し、CBDC(中央銀行が発行するデジタル法定通貨)についての議論を行った。

朱民氏は、中国人民銀行(PBoC)が行ったデジタル人民元の実証実験について言及。デジタル人民元計画は初期段階にあるものの、すでに平等性、透明性を高め、社会政策の遂行を促進する能力があることが明らかになったと報告した。

また、デジタル人民元のスケジュールについて聞かれ「定まったスケジュールはない」と答えた。

「金融や公共サービスにとっては、セキュリティと安定性が最も重要なこと」であるため慎重にシステムをテストしていく必要性を強調。今後も実証実験の数を増やしていく予定を明らかにした。

デジタル人民元が米ドルと競争することに関して中国に影響を与えるかという質問に対しては「そうした方向に進んでいるとは思わない」と否定。その上でCBDCは国境を超える性質を持つもので、その流通は決済システム、資本の流れ、外貨交換などといった市場の動きにより決定されるものだと説明した。

また各国政府の取り決めにも依存していると説明し、 例えばシンガポールと中国が互いにその発行するデジタル通貨を受け入れることに賛同すれば、両国はそのための契約に署名することが可能だと述べた。(シンガポールと中国はあくまでも一例として持ち出されたもので、実際にこうした契約が発表されたわけではない)

さらにプライバシー保護の側面については現時点で「大きな問題とは思わない」と語り、市場が発展していくときに、技術面などから解決していく問題であるとした。

中国では2月上旬に4回目のデジタル人民元実証実験が計画されており、約3億円相当のデジタル人民元が約3500以上の店舗で決済利用可能となる予定だ。

関連:中国デジタル人民元の実証実験、「春節」直前の2月上旬に第4弾開催へ

「デジタル通貨の多様性を回復する」

シンガポールのShanmugaratnam上級大臣は「eコマースは今や大きな力となっており、旧来の通貨世界も、現実に追いつく必要がある」と現在の状況を指摘する。

効率的決済システムを作る上で中央銀行の役割は、独占を防ぎ「多様性を回復すること」だという。「決済システムは公共財」であり、中央銀行には様々な選択肢にオープンであることを求めた。

またShanmugaratnam大臣は、小国にとってのCBDCのリスクについても言及。自国通貨が安定していない国では、人々は自国通貨が不安定になる局面で米ドルなど主流通貨に交換する傾向を一例ににデジタルなCBDCではより円滑に交換が可能であるため、こうした動きが加速してしまう可能性に懸念を示した。

大臣は、多くの選択肢にオープンである必要があると語ったが、多くの政府がFacebookの主導するステーブルコイン計画に懸念を示す中、シンガポールの国有ファンド「Temasek」はディエム(旧称リブラ)協会に参加しており、柔軟な姿勢の一端を示している。

また2020年6月には、シンガポールと中国がCBDCについて知識面で多くの交流を行っていることが報じられていた。

関連:シンガポールと中国、デジタル通貨分野で協力へ

ジェンダーギャップ縮小の可能性も

国際開発と人道問題に関する独立シンクタンク「海外開発研究所」の最高責任者Sara Pantuliano氏は「CBDCは、既存のフレームワークよりもはるかに高速で、はるかに安価な国際送金システムを構築する可能性がある」と発言。

その他にも女性がより安全・確実に自分の給料を受け取れるメリットなどがあると述べ、現在の金融システムに内在する「ジェンダー格差の縮小に役立つ」と指摘した。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。
06:10
野村とGMOが提携、日本でのステーブルコイン発行を検討
野村證券とその仮想通貨資産子会社であるLaser Digital(レーザーデジタル)は、GMOインターネットグループと提携し、日本でのステーブルコインの発行を模索している。
05:45
トランプ氏の仮想通貨ウォレット、保有資産15億円超え 
元大統領で共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏に関連する仮想通貨ウォレットは、一時約1000万ドル相当の資産を保有していることが確認された。
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア