ビットコイン最高値更新 BNYメロンの仮想通貨事業展開に関する報道受け

BNYメロン、仮想通貨カストディ事業を年内に開始

ビットコインが過去最高値を更新。一時48,373ドル(506万円)まで高騰した。

テスラ社のビットコイン購入に続き、マスターカード社の仮想通貨決済本格参入、BNYメロンの報道と重要ニュースが続き、業界関係者からも先行きの見通しに楽観的な見方が相次いでいる。

世界最大手の信託銀行であるバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)が11日、ビットコイン(BTC)やその他の暗号資産(仮想通貨)のカストディサービスを年内に開始する予定であることがわかった。ウォール・ストリート・ジャーナルが報道した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは米国でも最も歴史の長い世界有数の大手金融持株会社。バンク・オブ・ニューヨークとメロン・フィナンシャルが合併して発足した資産管理や資産運用に特化したカストディ銀行だ。

CoinPost提携メディアのThe Blockによれば、同行が管理する資産総額は40兆ドル(約4190兆円)にのぼるという。

これまではBakktに対して仮想通貨の秘密鍵の管理サービスを提供してきたが、新たに2021年中にビットコインをはじめとする仮想通貨のカストディ(保管・管理)サービスを資産運用企業向けにも提供する方針が明らかになった。

テスラ社のビットコイン購入などで、注目が高まりつつある仮想通貨についてバンク・オブ・ニューヨーク・メロンの資産運用兼デジタル事業部のチーフ・エグゼクティブであるRoman Regelman氏は、「デジタル資産はメインストリームになりつつある」と言及。同氏はウォール街の伝統的なインフラ体制に完全に統合されるのは3年から5年後と見込むものの、その兆候は見られると見解を示している。

現在カストディ銀行はこのような保管額の規模を明確には想定できないものの、BNYメロン側としては多くのクライアントが仮想通貨の保管を依頼すると予想しており、需要を肌で感じた上での事業展開となるようだ。

また、同行のクライアント企業の関係者から、「デジタル資産を一般的な資産クラスと同様な扱いを求める声があった」とRegelman氏は説明した。

BNYメロンが仮想通貨業界に参入するのは、今回が初めてではない。NY証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所(ICE)が運営するBakktが手がける仮想通貨カストディで事業展開をサポートしてきた。

Bakktウェアハウスサービス(カストディ)にて、機関投資家向けのビットコインの資産管理サービスを提供しており、秘密鍵をより安全に保管する仕組みなどをBNYメロンが担当している。

関連:ビットコインの高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

著者:Noah Sakamaki
参考:The Wall Street Journal , The Block

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します