ビットコイン決済企業Nayuta、ライトニング決済アプリα版を正式リリース

Nayutaが「Nayuta Core」をリリース

株式会社Nayutaは、Nayuta Coreのオープンアルファ版(一般に公開するテスト用ソフトウェア)をGoogle Playにてリリースを行った。

Nayutaは、ビットコインブロックチェーンのセカンドレイヤー技術であるライトニングネットワークのプロトコルとアプリケーションの開発を行う企業。

今回正式にリリースされたNayuta Coreは、ライトニングネットワーク上で、ノンカストディアルなリアルタイムのストリーミング決済を可能にするモバイル型ライトニングネットノードサービスだ。

現在では、Nayuta Core経由で1日に8,500件以上のライトニングトランザクションが処理されているとのことだ。

同サービスを導入することで、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの高速な取引や手数料の削減、より効率的な少額決済が可能になることが見込まれるという。

また、従来のノンカストディアル型ウォレットで決済時に大きな負担となっていた、請求書の生成と請求プロセスの自動化を行うことで、ユーザーは簡単に決済を行うことができる。

現段階では、Nayuta Coreはオープンアルファにあるが、Nayuta Core上でのウォレット機能の実装など、今後も様々なアップデートおよび改善を進めていくとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します