米チャールズ・シュワブ社、仮想通貨ブローカー事業を検討=The Block

チャールズ・シュワブ、仮想通貨事業参入を検討か

米国の大手金融持株会社チャールズ・シュワブが年内に暗号資産(仮想通貨)ブローカー事業の発足を検討していることが判明した。CoinPost提携メディアのThe Blockが、関係筋の情報として報じた。

3名の関係者によれば、チャールズ・シュワブ社は2021年内に顧客に仮想通貨のトレード提供を目指しており、既に複数の仮想通貨企業と対話を重ねてきたという。同社の最高コンプライアンス責任者(CCO)や最高技術責任者(CTO)など幹部らも会議に参加した。

チャールズ・シュワブ社は既にCME(シカゴ・マーカンタイル・取引所)のビットコイン先物やグレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)やイーサリアム(GETH)などを同社のプラットフォームで提供している。仮想通貨ブローカーの検討について、シュワブ社の担当者は「引き続きクライアントのフィードバックに耳を傾け、ニーズを満たす商品を提供していきたい」とコメントした。

チャールズ・シュワブ社は世界有数の大手オンライン証券企業。Fortune 500企業の一角で、米国を拠点に世界各国で事業を展開する。2020年にはナスダック上場企業で仮想通貨マイニング事業を手がけるRiotブロックチェーン社の株式52,000ドル(約550万円)分を購入した経緯がある。

仮想通貨取引所を保有するTDアメリトレードの買収

金融大手のチャールズ・シュワブ社は2019年11月に、ライバル企業のオンラインブローカー企業TDアメリトレード社の買収を発表。20年10月に最終合意に至り、総額220億ドル(約2.4兆円)で買収が決定した。合併後は総額650兆円の資産運用額(AUM)を誇る大型金融機関となる。

合併プロセスは現在も続いており、2月時点で1200人の解雇が発表されている。

特筆すべきはTDアメリトレード社が機関投資家向けの仮想通貨取引所であるErisXに出資している点だ。買収前にはErisXと連携して、仮想通貨取引のサービス提供を目指していた。

米国の金融大手ではツイッター社CEOのジャック・ドーシー氏が創設したSquare社が2018年よりビットコインの売買機能を提供しており、20年には仮想通貨の販売事業から約100億円以上の利益を得たことがSECに提出した書類から判明していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します