米グレースケール、BATやLINKなど新規アルトコイン5銘柄の投資信託を提供開始

グレースケールの新規投資信託

米最大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケールが、5銘柄の仮想通貨投資信託を新たに提供し始めたことがわかった。

新規銘柄は、Basic Attention Token(BAT)、Chainlink(LINK)、Decentraland(MANA)、Livepeer(LPT)、Filecoin(FIL)の5つ。Sonnenshein CEOがSNSで発表した。

背景には、2月末に、今回の5銘柄を含む計23銘柄の仮想通貨投資信託を新たに検討しているのをグレースケールが発表したことがある。また、昨年末にグレースケールの法定管財人を担当するDelaware Trust Companyがデラウェア州政府にBATやLINKなどの銘柄の投資信託組成に関する登録を行った事例が確認されていた。

関連米グレースケール、23銘柄の新規仮想通貨投資信託を検討

今回の発表を受け、上記5銘柄の価格は高騰。グレースケールが提供するビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など9つの投資信託に加えて計14種類の投資信託を提供することになった。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します