フォビトークン「焼却プログラム」を解説|Huobi Japan寄稿

フォビトークンの「焼却プログラム」とは?

「焼却(しょうきゃく)」とは、英語の「Burn(バーン)」を直訳したもので、つまり、「燃やす」ことを意味します。紙幣を燃やしてなくすことになぞらえ、既に発行した暗号資産の枚数を減らすことを意味しています。

では、フォビトークン(HT)の「焼却プログラム」はどのような内容なのでしょうか。またそのメリットとしてどういうものがあるのか、この記事でご紹介いたします。

焼却プログラムに加えてHTについてまだよく分からないという方も、この記事を読めばどういった内容のプログラムなのか理解が深まるはずですので、ぜひご確認ください。

フォビトークンの発行枚数

フォビトークンは、発行上限枚数が5億枚に設定されています。また、この5億枚は既に発行済みで今後”永久に”追加発行は行われません。

「焼却」によって暗号資産の枚数が減少したとしても、追加発行されることはありません。

発行済みフォビトークンは、以下の通りにそれぞれの項目に分けられた形で発行されています。

分配の内訳としてはユーザーへの奨励とプラットフォームの運営費用として20%が確保されており、同じく運営チームへの報酬としても20%分が確保されています。

残りの60%は、Huobi Globalでポイントカードを購入したユーザーにプレゼントとして配布しています。

参照:https://www.huobi.co.jp/support/ht/

現在の流通枚数と焼却枚数(2021年3月15日時点)

焼却日 焼却サイクル 焼却対象期間 焼却数量 焼却アドレス
2021/03/15 月次焼却 2021/02/01~2021/02/28 5,385,432HT 検索
  • 総焼却量(2021年3月15日時点):255,392,964HT
  • 流通量(2021年3月15日時点):192,770,745HT

フォビトークンの焼却履歴は、以下のエクスプローラーからご確認いただけます。

https://www.huobi.co.jp/ht-destroy/

注意:フォビトークン焼却率、方法は、過去のHuobi Globalの発表内容と同様に変更はありません。

焼却プログラムの特徴とタイミング

焼却プログラムは、定期的にHT流通量を減らす仕組みです。焼却プログラムにより供給量が減少し、フォビトークンの需給がタイトになる可能性があります。このプログラムの重要な特徴は、3つあります。

①流通量の調整を目的として実施

焼却プログラムは流通量調整のために、現在流通しているフォビトークンを買い戻し、それを永久に使えなくする(焼却する)仕組みです。

②フォビトークン保有者が”投票”で実施を決定

Huobiのコミュニティでは、フォビトークンの運用についての決定も行っており、焼却プログラムも、フォビトークン保有者が行った累計72,079,205票の投票結果で決まりました。

なお、最終的に支持率が50%を超えると可決される仕組みになっています。

③焼却は毎月実施

以前は、四半期毎にHuobi Globalの収益の約20%が買い戻し、焼却していました。ユーザーはブラウザから焼却状況を確認することができるため、透明性が確保されています。

2020年2月15日からは、毎月焼却(前月収益の約20%焼却)プランの運用を試験的に実施しており、焼却については当社HPのお知らせに掲載しております。詳しくは、当社の公式HPをご覧ください。

参照:HT (フォビトークン)の「月次」焼却に関するお知らせ

なお、この四半期毎の焼却プランも月毎の焼却プランも、コミュニティの意見を取り入れ「ユーザーの投票」によって決められたものです。

(※焼却は流通量の調整を目的にしているものであり、当該オペレーションが今後も継続されることを、示唆または確約するものではなく、焼却割合に関していかなる公式的な見解および割合による保証はしておりません。)

フォビジャパンにおけるフォビトークンの取り扱いについて

取り扱い通貨ペア:HT/JPY、HT/BTC、HT/ETH、BCH/HT、XRP/HT、LTC/HT

取り扱いサービス:取引所、販売所

2021年3月23日19:00時点、HT/JPY 1日足チャート

Huobi Japanにて、HTを扱っています。詳細は公式サイトでご確認ください。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します