LINEが独自ブロックチェーン開発を計画|dApps推進へ向け本格始動か

LINEが独自のブロックチェーンを開発検討
世界有数のチャットアプリ「LINE」が、独自のブロックチェーンによる”メインネットの開発”を検討していることを明かしました。この取り組みによって、トークンエコノミーを活用、内外の開発者によるdApps開発を進める方針です。
ブロックチェーンに関する取り組み
LINE社は先日、韓国にてブロックチェーン関係の子会社「Unblock」を設立。今年1月には仮想通貨取引所を開設するにあたり、新会社「LINE Financial」の設立をを発表するなど、金融事業への進出を本格化させています。

LINEが仮想通貨事業へ本格参入

世界有数のチャットアプリサービスを提供する「LINE」が、分散型アプリケーション(dApps)作成に向けて、独自のブロックチェーン開発を計画していることを明かしました。

このニュースは4月20日、韓国の親会社「Naver」社が開催した、”2018年の技術ロードマップ”について発表する開発者イベントの席上で発表されたものです。

LINEのCTOを務める「Euivin Park」氏(以下、Park氏)は、「ブロックチェーンの”メインネット”を立ち上げることで、LINEにおけるブロックチェーンの取り組みを大きく前進させる。」と力強く語りました。

新しいビジョンにあるプラットフォームは、LINEの既存製品とは別に開発され、トークンエコノミーを活用することで、社内および第三者による「dApps開発」を促進・加速させる方針です。

現在取り組みに向けて、日本と韓国を含む東南アジアでより多くのブロックチェーン開発者を採用していくと語りました。

この発表が行われたのは、韓国にあるブロックチェーン専門の子会社「Unblock」設立を発表した数日後のことです。

「Unblock」は、ブロックチェーン関連の研究(Research and development:R&D)に専念するための会社で、LINEのメッセージアプリにdAappsを組み合わせることで、より多くの機能を提供することを目的としています。

2018年1月、LINE社は「Line Pay」のアプリを介した仮想通貨取引所を開設するにあたり、新会社「LINE Financial」の設立を発表。日本の金融庁への仮想通貨交換業者としての”ライセンス取得”を進めています。

CoinPostの関連記事

LINEが金融子会社を設立/仮想通貨取引所の設立を目指し金融庁に登録申請中
LINEはLINE Payに仮想通貨決済を導入する見込みです。また、仮想通貨取引所も開設する予定です。最近は、楽天やメルカリなどの大手IT企業が金融事業に本格的に参入していく予定で、今後もフィンテックの動きが進んでいくでしょう。

Messaging Giant Line to Support Dapps on Own Blockchain

Apr 23, 2018 by Wolfie Zhao

参考記事はこちらから

gChayantorn Tongmorn / Shutterstock.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加