家賃をビットコインで 米大手不動産企業Carusoが新サービス

ビットコインを家賃を支払う

米国で家賃の支払いをビットコインで行えるサービスが誕生した。

米カリフォルニア州大手不動産企業Carusoが暗号資産(仮想通貨)取引所と提携、顧客がビットコイン(BTC)で家賃を支払うサービスを開始する。

Carusoは米国最大級の不動産企業の一つで、主に南カリフォルニア州を中心に、住宅やモール、エンターテイメント施設に手がけており、ビットコイン払いの対象範囲は大規模になる見込み。

ビットコインを利用し家賃を支払える対象は、一般居住者に限らず、商業施設のテナントも含める。

今回Geminiとの提携は、ビットコインによる支払い手段だけでなく、NFTなどブロックチェーン関連事業参入も含めており、不動産事業にNFTを活用していく構想も併せて発表されている。

これまで、この分野では、ホテルやマンションなどの不動産の所有権をNFTでトークン化し、個人投資家が参加できるクラウドファンディングを展開する事例などが出ている。

GeminiがNFTマーケットプレイスNifty Gatewayを傘下に持つことから、今後デジタル所有権の分野などでも、様々なサービス展開が行われる可能性もある。

公開された情報によると、Carusoは新規サービスの発表とともに、同社1%の財務資産をビットコインに充てる。具体的にどれほどのビットコインを購入したかは明確ではないが、大手不動産企業においては初の事例と見られる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します