英両替アプリ、カルダノ(ADA)・UNIなど新規仮想通貨に対応

Revolutが新規銘柄対応へ

英国発の金融アプリRevolutが8日、新たに11の暗号資産(仮想通貨)銘柄の取り扱いを開始したことを発表。これにより欧州圏と英国在住のユーザーが対応銘柄のトレードが可能となる。

Revolutは2015年にイギリスで創業したフィンテック系アプリで、複数の法定通貨への両替を安価でスピーディに提供。これまで英国をはじめとする欧州圏を中心にサービスを提供したきたが、2020年からは米国や日本など累計35カ国以上で電子決済サービスを開始している。

今回追加となった銘柄は以下の通り。DeFi(分散型金融)系が多数だ。

  • バンコア(BNT)
  • カルダノ(ADA)
  • ファイルコイン(FIL)
  • ループリング(LRC)
  • ヌメライ(NMR)
  • オーキッド(OXT)
  • シンセティックス(SNX)
  • ザ・グラフ(GRT)
  • UMA(UMA)
  • ユニスワップ(UNI)
  • ヤーンファイナンス(YFI)

同社では既にビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、XRP(リップル)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、OMGネットワーク(OMG)、テゾス(XTZ)およびゼロエックス(ZRX)の銘柄に対応している。

なお米国ではBTC、BCH、ETHとLTCのみが対応銘柄となっており、日本国内では仮想通貨機能は導入されていない。

著者:Noah Sakamaki
参考:Revolut

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します