カナダ初、イーサリアムETF(上場投資信託)が実現

カナダ初のイーサリアムETF

カナダで、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のETF(上場投資信託)が初めて実現した。

資産管理企業のPurpose Investments及びCI Global Asset Managementがそれぞれ申請したイーサリアムETFが当局に承認されたことがわかった。

Purpose InvestmentsのイーサリアムETF(ETHH)は、米Geminiがカストディアンを務めるという。具体的な上場日程は今回の発表では記述されていない。

同社のCEO Som Seif氏は今回の承認について、「ビットコイン(BTC)には多くの注目が集まっているが、イーサリアムのエコシステムは最もワクワクさせるヴィジョンを持つテクノロジーの1つだ。そのETFをローンチすることによって、投資家にはETHのユニークなエコシステムへのアクセスを提供することができるようになった」とコメントした。

関連アルト活況継続でドージ高騰、イーサリアム最高値2500ドル到達 ビットコインは5ヶ月ぶりの強気シグナルも

一方、CI Globalのほうでは、「ETHX」というティッカーシンボルで4月20日にトロント証券取引所に上場する予定だ。こちらのETFでは、大手仮想通貨投資企業Galaxy Digitalがサブアドバイザーを担当している。

また、この2社はすでにビットコインETFを提供している。

カナダでは、今年の2月に初めてビットコインETFが承認され、隣国のアメリカに先立って実現した経緯がある。それに続いて時価総額2位のイーサリアムにおける伝統的金融商品であるETFも承認されたことから、アメリカの規制当局が取り急ぎ規制面などを見直す必要があるとの指摘が多く見られている。

*追記:3つ目のイーサリアムETH

Purpose InvestmentsとCI Global Asset Managementに続き、カナダのEvolve Funds社のイーサリアムETFも許可されたことがわかった。

「ETHR」というティッカーシンボルとなり、CI Globalと同様に4月20日にトロント証券取引所に上場する予定だと伝えられた。(トロント証券取引所の認可次第)

EvolveもカナダでビットコインETFを提供している企業で、イーサリアムETFの申請は3月2日に行われた。

ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ
【随時更新】米SECに申請中の「ビットコインETF(上場投資信託)」やイーサリアムETFなど、仮想通貨関連の金融商品について、申請・審査状況と関連記事まとめを掲載。
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します