アルト活況継続でドージ高騰、イーサリアム最高値2500ドル到達 ビットコインは5ヶ月ぶりの強気シグナルも

ビットコイン相場

週末を控えた16日の暗号資産(仮想通貨)市場。

ビットコイン(BTC)価格は、前日比+0.46%の686万円(63,000ドル)とほぼ横ばいに推移した。米コインベース上場のターニングポイントを通過して祝賀ムードは一服したものの買い需要は衰えておらず、特にアルト市場の活況は継続している。

関連:ハードフォーク「Berlin」控えイーサリアム最高値更新

ビットコイン長期保有者のネットポジションを観測するオンチェーンデータは9日時点で、20年11月以来約5ヶ月ぶりに緑色のシグナルに転じた。

出典:Glassnode

ネットポジションとは、同一通貨ペアの未決済建玉(OI)について、売り買いのポジションを相殺した時に残った実質的な保有ポジションを示すものだ。

緑色のグラフは長期保有者のポジション増加を意味しており、すなわち中・長期的な上値余地を見据えた売り圧力低下を示唆している。

また、Documenting Bitcoin(@DocumentingBTC)氏は16日、もう1つの強気シグナルの根拠として、流通量の変化を示す「Bitcoin:llliquid Supply Change」のデータから、機関投資家を含むホルダーの数が、歴史的な速度で増加傾向にあることを指摘した。

その背景として、終息の兆しが見えない新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的な金融緩和がある。「米ドル」など法定通貨価値が長期的に下落(物価上昇)し得る局面では、インフレヘッジとしての代替資産需要が浮き彫りとなるため、発行上限の定められた「デジタル・ゴールド」としての性質を持つビットコインに関心が向いている。

ビットコインは4年に1度の半減期ごとに供給量が大きく絞られることで希少価値が担保される仕組みを持つ。最大手仮想通貨取引所のコインベースがナスダック株式上場を果たしたことで、新しい資産クラスとしての認知も広がった。

関連:ビットコイン半減期とは?仮想通貨価格への影響を解説

関連:ビットコイン高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

イーサリアムが高騰

ハードフォーク「ベルリン」実装を完了した時価総額2位のイーサリアム(ETH)が前週比+20%を上回り、過去最高値を更新。心理的節目の2,500ドル(27.2万円)水準を上回った。

ETH/USD日足

関連:仮想通貨イーサリアム、大型アップグレード「ベルリン」実装完了

次世代チェーンETH2.0に関する進捗において、今年7月頃に市場から本命視される「ロンドン」など大型アップデートを控えており、強気相場を支えているものと見られる。

関連:イーサリアム3年ぶりの過去最高値更新、高騰要因に4つの理由

2月8日に米CMEGroupで提供されたイーサリアム先物市場では、取引高、建玉ともに過去最高を記録した。価格変動のヘッジとして、機関投資家に重宝されている。

個別銘柄の動向

ここ1週間の国内上場銘柄では、時価総額35位のテゾス(XTZ)が前週比+13.8%の730円、時価総額87位のアイオーエストークン(IOST)が前週比+40%の8.2円と上昇した。

最大手取引所バイナンス「Staking Launches」にて、最大年利47.79%の「春のステーキングサービス・第二弾」と題したプロモーションでリストアップされたことも刺激材料となった。

年利「APY(Annual Percentage Yield)」は、チェーン上のステーキング報酬に基づいて日々調整・変動するため、数値は目安となる。

出典:バイナンス公式

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

16日には、欧州最大級の投資銀行である仏ソシエテ・ジェネラルが、テゾス・ブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行したことがわかった。「パブリックチェーン上で、より複雑な金融商品(ストラクチャード商品とも呼ばれる)を発行できることを示すものだ」としている。

関連:仏大手銀行、テゾス(XTZ)上でセキュリティトークン発行

海外市場では、ドージコイン(DOGE)が前日比+78%、前週比+272%の0.23ドルまで高騰。時価総額8位に食い込んだ。2021年以降、37倍となっている。

ビーフジャーキー(サラミ)系統のおつまみを販売する「Slim Jim」との提携も、ドージコインの知名度向上の後押しとなった可能性がある。米coindeskの報道によれば、ドージコインを取り入れたプロモーション実施後、約1ヶ月で3500万インプレッションを獲得した。

ドージコイン高騰に伴い、米テスラのイーロン・マスクCEOも次のようにツイートしている。

Barking At The Moon(生まれ変わった僕)は、2008年に公開されたディズニー映画「Bolt」で流れる名曲だ。ドージコインのモチーフとなった柴犬と本作の主人公である犬のボルト、仮想通貨の高騰を意味する「To The Moon(月まで届け)」を重ね合わせたものと思われる。

このようなアルト市場の活況と国内投資家の関心の高さを背景に、CoinPostのフォロワー数は100,000人に達した。

著者:S.Ninomiya
参考:The Block Crypto

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します