ハードフォーク「Berlin」控えたイーサリアムが過去最高値更新、コインベース株式上場で祝賀ムードは一服

コインベースの株式上場に大きな関心

2012年に創業した米大手仮想通貨取引所コインベースが、NASDAQへの株式上場を果たした。

金融市場のエポックメイキングであり、その意義は大きい。米最大手仮想通貨取引所の株式上場は、業界にとって歴史的瞬間と言えるだろう。

GalaxyDigitalの創設者であるMikeNovogratz氏は、米ネットスケープを彷彿とさせると言及した。1995年8月にIPO(新規公開株式)したネットスケープの事例はインターネット黎明期における象徴的な出来事とされており、その後の「IT革命」をもたらしたとされる。

コインベース(COIN)の株価は、初値381ドルで寄り付くと、一時428.9ドルまで高騰した。その後は売り優勢となり、初日の取引は328ドルで終え、時価総額7兆円を超える大型上場となった。

時価総額は853億ドル、株式希薄化基準で算出すると時価総額1000億ドル(11兆円)を上回る規模になるという。市場からは、世界有数の顧客基盤や驚異的な成長性について高く評価される一方、割高感も指摘される。

関連:仮想通貨取引所コインベース「COIN」、ナスダック上場

コインベースの株トークン先物商品をいち早く扱っていた大手デリバティブ取引所FTXのSBF氏は、前四半期に10億ドル(約1100億円)を稼ぎ出したコインベースの株式上場を祝福した上で、「(これは物語の)序章にすぎない」と期待を込めた。

関連:仮想通貨取引所FTX、アップルやテスラなどトークン化された株式を1株未満売買可能に

仮想通貨相場

コインベースの材料を手掛かりに高騰していた節もあり、15日の暗号資産(仮想通貨)市場は、短期筋の利確売りが優勢となった。

ビットコインは、14日に一時64,900ドルまで上昇するも、コインベース上場後に61,300ドル台まで急落。その後63,000ドル台まで反発するなど乱高下した。

ビットコインの大幅下落に伴い、多くのアルトコインも反落した。4月以降急騰していたXRP(リップル)は、心理的節目である2ドル目前の1.96ドルから約20%急落。デリバティブ市場で4億2000万ドル相当のポジションがロスカットされた。

XRPの時価総額は一時バイナンスコイン(BNB)を上回り、3位まで復帰していた。

関連:なぜ、XRPに関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト

一方、ハードフォーク「ベルリン(Berlin)」を控えるイーサリアム(ETH)は、過去最高値を更新。前日比+6%の264,000円を付けた。

ETHのハードフォークは、16日頃にブロック高12,244,000で行われる。効率性向上のほか、DDoS攻撃対策やEVM(仮想マシン)のサブルーチン導入などがこれに含まれる。

最も重要とされる本命のアップデートは、21年7月頃に予定されるガス代改善案「EIP-1559」が含まれる見込みの「ロンドン」だ。DeFi(分散型金融)の台頭に伴い、大きなボトルネックになっているイーサリアム・ネットワーク手数料の高騰を抑制するほか、ベースフィー焼却(バーン)による需給面での好影響も期待される。

メリットなどの詳細は、大手仮想通貨デリバティブ取引所Deribitのリサーチャーが寄稿した以下の記事で解説している。

関連:市場の関心集めるイーサリアム改善案「EIP-1559」Deribitアナリストが分析

関連:イーサリアム高騰要因に4つの理由

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します