仮想通貨関連株ETF(上場投資信託)、欧州で初上場

VanEckの上場投資信託DAPP

米大手アセットマネージャーVanEckが提供する暗号資産(仮想通貨)関連企業のパフォーマンスをトラッキングするETF(上場投資信託)が、ロンドン証券取引所とドイツ証券取引所に上場した。

同ETF(ティッカー:DAPP)は、先月米ナスダックに初めて上場したもので、欧州圏でも取引が開始される。

DAPPは仮想通貨ではなく、仮想通貨取引所やマイニング企業、決済関連企業など仮想通貨にエクスポージャーを持つ企業の株価で組成したインデックスに基づいて運用されるETF。バスケットに組み入れられる企業は、収益の50%以上を仮想通貨関連事業で上げていることが条件となっている。

採用するインデックスは、VanEckが独自で提供する「MVIS Global Digital Assets Equity Index」で、同指数のパフォーマンスを追うことが目指される。

すでに米ナスダックに上場し、新たに欧州の主要証券取引所への上場も実現したことから、VanEckのGabor Gurbacsデジタル資産ディレクターは「今までに類を見ないものだ」とコメントした。

出典:Google

ビットコインETF

VanEckが現在米国で申請しているビットコインETFは、SECが可否判断を6月17日前後に延期すると発表している。また、判断の期間は最大で申請を受理した日時から240日間延ばすことができることから、最大で11月10日前後までに最終判断が伸びる可能性がある。

著者:菊谷ルイス
参考:VanEck

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します