国内仮想通貨取引所TAOTAOとビットポイント、第一種金融商品取引業者の登録完了

TAOTAOとBPJ、第一種金融商品取引業者に

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントとTAOTAOは11日、「金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)」として登録を完了したことを発表した。

TAOTAOはプレスリリースにて、「今後口座開設した利用者は、現物取引およびレバレッジ取引いずれも利用できるようになる。2020年5月1日以降に口座を開設した利用者については、2021年5月12日(水)の定期メンテナンス後よりレバレッジ取引も利用できる」としている。

これまで「みなし金融商品取引業者」としてサービスを提供してきたが、20年5月に施行された改正金融商品取引法に基づき、暗号資産デリバティブ取引を提供するためには、金融商品取引業の登録を受ける必要が発生していた経緯がある。

これに先駆け20年5月には、楽天ウォレット、GMOコイン、DMM Bitcoinが、金融商品取引法の規定に基づく金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)への登録完了を相次いで発表していた。

第二種との違い

第一種金融商品取引業は、株や債券などの「有価証券の売買・勧誘」や「引受け」といった顧客から資金や有価証券を預かって管理する業務を行うことができる。

第二種金融商品取引業は、「信託受益権」や「集団投資スキーム持分」など第一種金融商品取引業の取り扱う有価証券よりも流動性の低いものを販売・勧誘する業務を行うもので、金商法の基づく第一種金融商品取引業のライセンス獲得の意義は大きい。金融取引業のライセンスを取得すれば、昨年改正された金融商品取引法規制後でも、レバレッジ(証拠金)取引以外に焦点を充てたサービスが提供できるようになる。

ビットポイントジャパンは国内仮想通貨取引所。BTC、BCH、ETH、LTC、XRP、BAT、TRXなどの銘柄の現物取引やビットコイン(BTC)のレバレッジ取引を提供している他、ビットコインのレバレッジ取引を提供してきた。

仮想通貨取引所TAOTAOを運営するTaoTao株式会社は20年10月、Zホールディングスグループの「Zコーポレーション」の出資を受け事業展開してきたなかで、発行済全株式をSBIリクイディティ・マーケット株式会社に譲渡し、SBIグループの傘下に入っていた。

著者:Noah Sakamaki
参考:リミックスポイント , TAOTAO

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します