CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨市場はバブル」──ヴィタリック氏、相場やイーサリアムのガス代などについて発言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ヴィタリック氏のインタビュー

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が、最近の暗号資産(仮想通貨)の相場がバブルであるとの見解を示した。

昨年10月ごろから続いた強気相場から一転、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の一連のツイートや、米国や中国の規制強化などの要因が重なり、最近仮想通貨市場は暴落。ヴィタリック氏は、バブルの終わりは予想が難しいとしながらも、すでに終了した可能性もあるし、今から数カ月後に完全に終わる可能性もあるとの見方を示している。

関連:仮想通貨暴落で大規模ロスカット発生 ビットコイン400万円を割り込む

ヴィタリック氏が「CNN Business」のインタビューに応じたのは18日。相場やイーサリアム、ビットコイン(BTC)、マスク氏などの話題について語っており、20日に記事が公開されている。

上述したように相場についてはバブルだとし、「過去にも今回のような大きなバブルは少なくとも3回あった」と指摘。そして「バブルが最終的に終わる理由は、技術の普及が進んでいないことを明確にするような出来事が起きるからだ」と主張した。

また規制について、「常に懸念している」と発言。その上で、当局の話をよく聞くことが重要だと指摘し、仮想通貨と規制機関が必要以上に対立してしまうリスクを心配していると述べた。ブロックチェーンは分散型で、政府は完全に仮想通貨をなくすことはできないとの見方があるが、「利用を制限したりすることはできる」と語っている。

一方で、現在は過去に比べ、仮想通貨はメインストリームで普及する準備が整いつつあると感じるとし、「仮想通貨は、もはや『おもちゃ』ではない」と自信も見せた。

関連:なぜイーサリアムへの資金流入が続くのか、高騰続く背景は

その他の話題

イーサリアムの手数料について

ヴィタリック氏の発言の通り、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の需要の高まりなどで、イーサリアムのネットワークも利用が急増している。

しかし、それによって手数料(ガス代)が高騰。ユーザーから不満の声が聞かれるようになって久しい。

今回のインタビューでヴィタリック氏は「現在は手数料が非常に高い」と認めながらも、「技術のアップデートで、手数料を下げる自信がある」と語った。

イーサリアムは、スケーラビリティの問題等を改善するために、現在「ETH2.0」への大型アップグレードを段階的に進めている。またレイヤー2の技術の導入することで処理能力を高め、手数料の削減につなげる方法にも取り組んでいるため、今後の改善に期待が高まってきた。

ETH2.0へのアップグレードでは、コンセンサスアルゴリズムを「Proof of Work(PoW)」から「Proof of Stake(PoS)」へ移行する。

ビットコインについて

ヴィタリック氏は今回のインタビューで、マイニングにおけるコンピューターの計算で、大量の電力を消費するPoWについても言及。最近、環境への悪影響を懸念する声が増えている問題について、「PoWだけで世界を破壊するようなものではないが、大きなマイナス要因であることは間違いない」とした。

「イーサリアムはPoSへの移行で、エネルギー消費を1,000分の1から1万分の1まで減らせる」と主張。中規模の国家が使うエネルギーの規模から、1つの村が利用する規模まで減らせると説明している。

関連ETH2.0移行後は消費電力が99%削減か=イーサリアム財団の調査

そして今後について、ビットコインもPoSへ移行するか、PoSを含めたハイブリッド型にすることを求める声が増えるだろうと指摘。PoWに固執するのであれば、ビットコインは「遅れをとる可能性がある」と語った。「確信は持てないが、イーサリアムがビットコインを時価総額で追い抜く可能性もある」と述べている。

イーロン・マスク氏について

さらにインタビューでは、マスク氏が市場に与える影響についても語った。今まで、マスク氏のツイートを受け、相場が大きく動く事例が何回も確認されている。

関連テスラ社はビットコインを売却せず?──19日深夜の大暴落でイーロン・マスクCEOが示唆

ヴィタリック氏はこの現象について、仮想通貨市場は、まだ免疫機能が完全ではないため、混乱をもたらす出来事に影響を受けやすい傾向があると指摘。「マスク氏のツイートは昨年から今年にかけてのことで、免疫のない初めて出来事だ」とし、「市場はこれから学んでいくだろう。マスク氏の影響は永遠には続かない」との見方を示した。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア