CoinPostで今最も読まれています

Zaifが商号変更の方針、親会社の「CAICA」ブランドに一新

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Zaifが商号変更

暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif Exchangeを運営する株式会社Zaifは10日、臨時株主総会で「定款一部変更の件」が承認されることを条件として、2021年11月1日を目途に、関連会社の商号およびサービス名を変更する方針を発表。

親会社である株式会社CAICAの金融サービス事業における、CAICAブランドへの統一を目的とした方針であると説明した。

CAICAブランドに一新

Zaifの発表によれば、関連会社は以下のように商号変更される方針だ。

  • 株式会社Zaif Holdings → 株式会社カイカエクスチェンジホールディングス
  • 株式会社Zaif  → 株式会社カイカエクスチェンジ
  • 株式会社Zaif Capital  → 株式会社カイカキャピタル

なお、現在、株式会社Zaifが運営している仮想通貨取引所「Zaif Exchange」のサービス名は「Zaif」となる予定だ。関連会社の商号からは「Zaif」の表記はなくなり、親会社のCAICAブランドに一新されることになる。

CAICAは商号の変更方針について、以下のように説明している。

当社は、2021年3月に暗号資産関連ビジネスを手掛ける株式会社 Zaif Holdings(以下「Zaif HD」といいます。)を子会社化いたしました。当社子会社の株式会社CAICAテクノロジーズが持つシステム構築能力やeワラント証券株式会社という金融機能との相乗効果により、Zaif HDのポテンシャルを最大限生かすことが可能となり、当社のIT金融企業としての基盤の整備が整いました。

あらゆる事がデジタル化される未来、当社グループが事業を展開するIT金融の領域においても、中央集権型から分散型(DeFi)へ業界構造そのものが大きく変革していきます。そうしたなかで当社はその変革者となることを目指してまいります。

同社は2030年に向けたビジョンとして、売上高500億円の達成を目標にしているが、関連会社のサービスとの相乗効果によりZaifグループの能力を最大限に引き出すことが可能になったと説明。前述のビジョンを踏まえ、Zaifグループの商号をCAICAブランドに統一することで、更なる認知度の向上を図っていく狙いがあるという。

CAICAは、自社で発行しているCAICAコインを株主に優待として進呈するなど、CAICAコインの普及に努めている。今後、CAICAコインを使った様々な施策を検討・実行していくことも明かしている。

同社は3月に、NFT(非代替性トークン)の発⾏・流通が可能なプラットフォームのローンチもしており、仮想通貨・ブロックチェーン関連事業の拡大においても意気盛んであると言える。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

Zaifの歴史

Zaif Exchangeのもともとの運営元はテックビューロ株式会社であったが、2018年9月に株式会社フィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡され、2020年11月に商号が現在のものに変更された経緯がある。

独自で発行しているZaifトークンは、2015年にZaifを運営していたテックビューロ社のブランディングを目的に発行され、Zaifブランドの評判の指標となっている仮想通貨。日本で初めて国内取引所にて取引ができる仮想通貨として発行された。

テックビューロ代表の朝山氏は2020年11月、ZAIFトークンの今後について発表しており、「既存のトークンホルダーの利益向上を目的として、決済手段としての採用」を推し進めていく方針を表明していた。

関連:テックビューロ朝山代表、ザイフトークンの今後の方針を発表

Zaif Exchangeは、サービス名を冠した「Zaif大根カレー」やビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、NEM(XEM)などをモチーフにした高級腕時計を販売するなど独自路線のブランディングを行い話題を集めている取引所でもある。

最近の事例では、5月に国内では初めて仮想通貨ネムの新通貨「Symbol(XYM)」の取引を開始した。

関連:仮想通貨取引所Zaif、国内初となるネムの新通貨シンボル(XYM)の板取引を開始

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。
13:35
BTC履歴を捜査活用、大規模詐欺サイト解体
英ロンドン警視庁は「英国史上最大の詐欺作戦」により、なりすまし詐欺サイト「iSpoof 」の解体に成功したと発表した。欧州刑事警察機構をはじめ、10カ国の法執行機関と連携し142人が逮捕された。
13:02
ConsenSys、批判集まるメタマスクのユーザーデータ取得目的を説明
米大手ブロックチェーン開発企業ConsenSysが、同社のプライバシーポリシーについて補足。MetaMask+Infuraのユーザーデータ取得は、規制当局の問い合わせへの対応を目的としたものではないと述べた。
12:49
BTC小幅反落、10000BTCの不審なアクティビティに関心
暗号資産(仮想通貨)市場は米株式市場休場の影響もあり方向感定まらず反落傾向。Mt.Goxハッキング事件に関連する可能性のある休眠状態のウォレット送金では、計10000BTCの不審なアクティビティが検出された。
11:40
DBS、JPモルガンのOnyxネットワークに参加
東南アジア・シンガポール最大手の銀行DBSは、JPモルガンのOnyx Digital Assetsネットワークに参加。ブロックチェーン上でレポ取引を実行したと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧