CoinPostで今最も読まれています

「オランダはビットコインの取引とマイニングを禁止すべき」 政府機関ディレクター

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの禁止を主張

オランダ経済政策分析局(CPB)のPieter Hasekampディレクターは11日、オランダはビットコイン(BTC)の取引やマイニング等の活動を全て禁止すべきだと主張した。

通貨として機能せず、犯罪に悪用される可能性もあり、またマイニングで大量のエネルギーを消費している等の問題点を挙げ、今こそ禁止すべきだと説明。発表のタイトルでは「オランダはビットコインを禁止すべき」としているが、内容の大部分は暗号資産(仮想通貨)全般について述べられている。

CPBは経済財政見通しなどの分析を行う政府機関。今回Hasekamp氏は、CPBの公式ホームページで、上記の主張を発表した。

Hasekamp氏は、今回の主張の根拠について、仮想通貨は「通貨」としての役割を果たしていないと説明。通貨の役割とされる「交換手段」、「価値保存」、「価値尺度」の機能を果たしていないと指摘した。

またインターネット上でやりとりされることからサイバーセキュリティ上の懸念もあると主張。プライバシーが高いというメリットはあるが、それが逆に犯罪や詐欺での利用を促進するリスクもあり、「ビットコインに関する活動を全て禁止すべきだ」と訴えている。

発表の冒頭では、「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの法則を引用。仮想通貨は発行元や価値が不明確で、不正な取引に利用されている悪貨だと主張した。

グレシャムの法則とは

名目上の価値が等しく、ゴールドの含有量等で実質上の価値が異なる貨幣が同時に流通すると、実質上の価値がある良貨はしまい込まれて市場から姿を消し、悪貨の方が流通するという法則。

その上でHasekamp氏は、グレシャムの法則に従えば、悪貨の仮想通貨は高品質な通貨の流通を妨げることになるが、結果は逆になると説明。「名目上の価値が等しい」という法則の前提も不確かで、仮想通貨の価値が相対的に下がることもあり、現時点ではほとんど決済にも利用されていないと述べ、いずれ誰も受け入れなくなり、流通しなくなる通貨だとの見解を示している。

そして、現在は中央銀行がデジタル通貨を発行する動きも見られており、仮想通貨がなくても、既存の金融システムは問題なく機能しているとした。

オランダの仮想通貨事情

現在オランダでも、仮想通貨の規制整備が進められている。先月にはオランダ銀行(中央銀行)が、昨年11月に仮想通貨取引所に課したユーザーへの規制要件強化を、一転して緩和させたことが分かった。

当初のルールでは、取引所はユーザーが仮想通貨を出金する際に受け取りアドレスの開示を要求。ユーザーは送信先のアドレスを提供し、それが自身のアドレスであることを証明する写真を提供しなければならなかった。

この点について、同国の仮想通貨取引所Bitonicなどの業界団体が今年3月に意見書を提出。オランダ銀行の課す規制要件がユーザーのプライバシーを侵害する点から、非合法かつ煩わしい手順であるとして、義務を解除するよう申請した。

関連オランダ中銀、一転して仮想通貨取引所の規制要件緩和へ

Hasekamp氏は今回の発表で、オランダ当局の仮想通貨取引の監督はうまくいっていないと指摘、規制整備が遅れていると主張した。

現地メディア「DutchNews」によると、同国では現在、約70万人が仮想通貨に投資しているという。オランダは「イノベーションを刺激する国である」と謳っているが、今回のHasekamp氏の主張がどのような影響を与えるか、注目が集まっている。

Hasekamp氏の主張について

Ledgerでビットコインのハードウェアウォレットの開発に携わるDavid El Silvador Rosa氏は、Hasekamp氏の主張を受け、ツイッターで自身の見解を示した。

まず、ビットコインの価値が不明確とされることについて、その理由は「全員が価値を評価しようとするからだ」と主張。そして「誰もが同じ価値を感じているわけではなく、全員が自由にオープンな場で自分にとっての価値を説明できるもの」と述べた。

また、不正利用される可能性があるという指摘については、今の仮想通貨取引の大多数が、本人確認を実施している規制下の取引所で行われていると説明している。

関連「ビットコイン身代金の大半回収に成功」米パイプラインのサイバー攻撃事件──米司法省

さらに、通貨として利用されるには価格変動が大きいとされることについても言及。ビットコインは、まだ誕生してから時間がそれほど経過していないために、価格変動が大きくなっているだけであると説明した。

今は利益を速く得ることが優先されているが、これから分散性やトラストレスであることなどの特徴を人々が理解していけば、長期的な視点で投資が行われていくようになり、価格変動も小さくなっていくだろうなどと、自身の見方を示している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧