ヘッジファンド、今後5年で仮想通貨に割り当てる資産運用比率は?

ヘッジファンドは今後も仮想通貨へ投資

世界中のヘッジファンドが2026年までの5年間で、平均でポートフォリオの7.2%を暗号資産(仮想通貨)に割り当てる予想というアンケートの結果が発表された。340億円に相当する規模だ。

ヘッジファンドは、様々な取引手法を用いて利益を追求することを目的としたファンド。

仮想通貨用語集

このアンケートはオランダの大手資産管理会社Intertrust Groupが100のヘッジファンドへ実施したもので、英金融誌FTに報じられている。

具体的には、対象となる100のヘッジファンドの合計運用資産は約8,000億円規模に及び、そのうちの17%の回答企業が2026年までに、10%以上の資産を仮想通貨に投資するとしたという。

FTによると、現在グローバルで、ヘッジファンドの仮想通貨投資規模は明確ではないが、すでにいくつかの大手ヘッジファンドはビットコインなどの投資を行なっている。コインポストも以前報じたように、著名投資家Alan Howard氏が立ち上げたBrevan HowardやPaul Tudor Jones氏のヘッジファンド、Anthony Scaramucci氏が率いるSkyBridge Bitcoin Fund LPといったヘッジファンドがその一例だ。

関連資産の5%をビットコインへ 伝説の投資家ポール・チューダー・ジョーンズが示唆

地域別では、北米のファンドは仮想通貨へのエクスポージャーが10.6%、UK・欧州のほうは6.8%に留まると予測している結果も判明。

また、アンケートに応じた北米、UK、欧州のヘッジファンドは平均で将来少なくともポートフォリオの1%は仮想通貨に当てられると見ているという。

4月にヘッジファンドを含む機関投資家向けのビットコイン関連投資商品の書類をSECに提出した米金融大手モルガン・スタンレーとコンサルティング会社Oliver Wymanが直近共同で発表レポートでは、「現時点では、仮想通貨投資はハイリスク耐性を持つクライアントに限られており、ポートフォリオ率も全体的には低い」との結論が記されている。

一方、Quilter Cheviot Investment Managementの責任者David Miller氏は「ヘッジファンドは仮想通貨のリスクを理解しながら、その長期的ポテンシャルにも期待している」とコメントした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します