CoinPostで今最も読まれています

インド:中央銀行の規制発表後も仮想通貨取引高は増加|原因と今後の動向

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インド政府の規制発表以降、国内の仮想通貨取引高は増加傾向
インド準備銀行(RBI)は4月上旬に公表したプレスリリースの中で、国内の銀行が仮想通貨関連企業との関係を絶つよう要求しました。これに従うならば、インドルピーと仮想通貨が交換できる猶予は残り約2ヶ月であり、投資家の「駆け込み需要」が国内の取引高を押し上げていると考えられます。
「法定通貨基軸」の取引所から「仮想通貨基軸」の取引所へ
RBIのプレスリリースに従うならば、7月以降、国内の仮想通貨取引所でインドルピーと仮想通貨との取引をするのが困難になります。それを見越し、Koinexでは4月下旬にXRP基軸の取引所開始を発表していました。

インドで仮想通貨取引量が急増しています。

2018年4月にはインド準備銀行(RBI)は、国内の銀行が仮想通貨関連企業との関係を絶つよう要求しましたが、依然として取引が衰退する様子は見られません。

インド政府は4月上旬に仮想通貨の規制に関するプレスリリースを発表

RBIが4月5日に公表したプレスリリースは国内銀行に仮想通貨関連企業との関係を断つように要求するものでした。

さらに、プレスリリース中には、国内銀行が仮想通貨関連企業との関係を絶つまでの猶予が3ヶ月(7月まで)であることが明記されています。

ただし、この発表はインド国内の仮想通貨取引自体が禁止になるというものではありません。

第一に、国内の銀行がどこまでこのプレスリリースを遵守するのかわかっていません。

第二に、仮に国内銀行が仮想通貨関連企業との関係を遮断し、インドルピーを仮想通貨に替えることが困難になっても、国内の投資家が外国の銀行を通して仮想通貨を購入したり、仮想通貨同士の取引をすることについては制限されません

CoinPostの参考記事

インド:噂されたビットコイン取引禁止はされない
最近、インドで BTC取引が禁止されるとの憶測が広まりましたが、取引自体が禁止されるわけではありません。憶測の元となった4月5日のRBIのプレスリリースは国内銀行に仮想通貨関連企業との関わりを断つことを要求するものであり、国内で取引を行なう手段は残されています。

インド国内の仮想通貨取引高は増加している

RBIの発表後も仮想通貨価格と日々の取引量は増加しました。

インドのビットコイン価格は約104万円です。

この数字は、RBIのアナウンス後数日平均で約57万円だったビットコイン価格を大幅に上回っています。

また、国内の仮想通貨取引量も増加しています。

規制実効までの「駆け込み需要」がインドの取引高を押し上げる

RBIの規制が効力を持つまでの3ヶ月の猶予期間を利用しようとするトレーダーの流入が報告されています。

投資家らは、国内の取引プラットフォームで仮想通貨を購入できる間に仮想通貨を取得しておこうと考えています。

そうすることで、RBIの規制が発効された後も、これらの投資家は依然としてプライベートな取引プラットフォーム上で仮想通貨を取引することができます。

このような事情に対して、ニューデリーの仮想通貨取引プラットフォームであるBuyUcoinのCEO Shivam Thakral氏は次のように述べています。

政府の規制措置によって、国内の銀行を介して仮想通貨が取引できない場合でも、仮想通貨対仮想通貨の取引プラットフォームで取引することはできます。

新たな投資家が我々の取引所に参入しており、仮想通貨価格が上昇するにつれて、既存の投資家も利益を取り戻し始めています。

国内の取引所の動向は?

政府の規制措置が実行されれば、国内の取引所はインドルピー建てでの仮想通貨取引量が減少する可能性があります。

それを見越してか、インドの大手仮想通貨取引所Koinexは4月28日にXRP基軸取引を開始しました。

CoinPostの参考記事

インド大手仮想通貨取引所KOINEX:世界初XRP基軸取引ペア8つ追加
インドの大手仮想通貨取引所Koinexは28日深夜、新たに8のXRP取引ペアを追加しました。同社はリップル社のXRPの高い流動性とトランザクションスピードに注目しています。同社によると、XRP基軸の取引所は世界初だと言います。

政府の規制措置の発表によれば、今後インドルピーと仮想通貨間の取引が難しくなる可能性はありますが、仮想通貨同士の取引には規制がかかりません。

Koinexは、トランザクションが速いXRPを基軸通貨とした取引所を開始することで、今後法定通貨との取引が困難になっても、インドの投資家が容易に仮想通貨を取引できるプラットフォームを構築しようとしていると考えられます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア