DeFiプロジェクトC.R.E.A.M. Finance、Polygon上で登場へ

Cream、Polygon上で登場

レンディングプロトコルのCream(C.R.E.A.M. Finance)はPolygon上でローンチしたことを発表した。

ローンチに伴い、USDC、USDT、DAI、MATIC、WETH、LINK、SUSHIの供給と貸し出しが可能になる。

C.R.E.A.M(Cream)はDeFiのレンディングプロトコルであり、トークンを貸し借りすることができるプラットフォームになる。

トークンを貸し出し、流動性を提供することで、ガバナンストークンであるCREAMを獲得できる仕組みだ。

イールドファーミング

イールドファーミングとは、DeFi(分散型金融)上で、暗号資産(仮想通貨)を預けて流動性を提供することにより利益を得るシステムのこと。

▶️仮想通貨用語集

また、Polygon(旧Matic)はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決すべく生み出されたプロジェクトで、ガス代の低さや高速な取引を特徴とする。

イーサリアムやその他ブロックチェーンとの相互運用性を提供しており、TVLは94億2000万ドル(約1兆400億円)に達している。

CreamはPolygon上でのローンチに伴い、以下のようにコメントした。

C.R.E.A.M.は、複数のブロックチェーン上で幅広い資産に資本効率をもたらすというゴールに向かい続ける。またC.R.E.A.M.が提供するIronbankでは13.1億ものTVLを記録した。Polygonとの統合はより高速なトランザクション、低いガス代、ユーザーに違うマーケットへのアクセスをもたらす。

Polygon上でも流動性マイニングでインセンティブが提供される予定だが、詳細については追って公開するとした。

複数ブロックチェーン上でのレンディングへ拡大

これまでCream Financeが対応してきたブロックチェーンはEthereum、Binance Smart Chain(BSC)、Fantomの3つ。

6月15日には、新たにArbitrum上でもマーケットをローンチすると発表している。

ArbitrumはPolygonと同じくイーサリアムのレイヤー2ソリューション。

オプティミスティック・ロールアップを利用していることを、Ethereum Virtual Machine(EVM)との完全互換性を備える。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します