メキシコ3位の大富豪「30年後の未来に持っていく財産は、ビットコイン一択」

資産防衛にビットコイン

ビットコイン(BTC)強気派として知られるメキシコ第3位の富豪、リカルド・サリナス(Ricardo Salinas Pliego)氏は、ビットコインは全ての投資家がポートフォリオに組み入れるべき資産だと主張。もし30年後の未来に持っていくのであれば、「(悪臭のする)法定通貨」は論外で、金や銀でもなく、ビットコインを選ぶと語った。

同氏のインタビュー動画は、米デジタル資産運用会社Morgan Creek Digital共同創設者のアンソニー・ポンプリアーノ氏(Pomp)によってツイッターに投稿され、大きな反響を呼んでいる。

米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラーCEOも、「財産を守るための戦略は至って簡単。最も質の高い資産を選び、ホールドすることだ」と、サリナス氏のビットコイン投資推奨に言及しPompの投稿をリツイートした。

その後、サリナス氏は、「もちろんビットコインの使用を推薦する。私と私の銀行は、ビットコインを受け入れるメキシコ初の銀行となるよう取り組んでいる。」と、セイラー氏に返答している。

ビットコインは史上最高の投資

サリナス氏は、小売業から金融サービス、メディアネットワークやインターネット事業を運営する複合企業グループ、Grupo Salinasの創業者兼会長で、その資産は129億ドル(約1.4兆円)にのぼる。

サリナス氏は20年11月、ポートフォリオの10%をビットコインに割り当てていると公表。同氏の資産の大半は自社株だが、流動資産の大半を金や銀、また貴金属鉱山などの実物資産に投資している点や、ハイテック株などの取引には手を出さないと自身の投資手法と明かしていた。

サリナス氏が初めてビットコインに出会ったのは2013年。当時、1BTCは200ドル(2.2万円)だったという。同氏にビットコインを紹介した米暗号資産(仮想通貨)投資大手、グレースケールのビットコイン信託(のちのGBTC)に投資。契約の切れる2017年2月までGBTCを保有し、その時点で全てのポジションを精算したとのことだ。

売却時のビットコイン価格は17,000ドル(約190万円)で、同氏は「史上最高の投資」だったという。

その後、ビットコインが弱気相場に突入すると、再びビットコインを購入。今後5年から10年は売却するつもりはないと述べている。

グレースケールとは

グレースケールは、米国の世界最大のデジタル資産運用会社。正式名称はグレイスケール・インベストメント。同社はビットコインの価格と連動した「Grayscale Bitcoin Investment Trust(GBTC)」やイーサリアムの価格と連動した「Ethereum Trust(ETHE)」など多数の仮想通貨投資信託を運営している。

▶️仮想通貨用語集

ビットコインの価値

サリナス氏は、ビットコインには「国際的な価値」があると主張する。その理由として「世界レベルで膨大な流動性を持って取引されていること」、また2,100万BTCという発行上限があることが重要なポイントを挙げた。

ビットコインは「新しい金(ゴールド)」だが、「金の延棒をポケットに入れて持ち運ぶより」ずっと楽に運べるため、携帯性に優れていると主張した。

しかし、サリナス氏が現在、最も注目するビットコインの特性は価値の交換機能より、価値の保存機能にあると確信しているという。

関連:初心者にもわかるビットコイン、ゴールドと比較して解説【寄稿】

「法定通貨は詐欺」

インタビューで、サリナス氏は「法定通貨は詐欺」と懐疑的な姿勢を示した。

特に南アメリカ諸国では、法定通貨の価値の下落が顕著だと指摘し、自国のメキシコぺソを例に説明。1981年当時、メキシコペソは米ドルに対し、1ドルあたり20ペソの為替レートで取引されていたが、現在は1ドルが2万ペソと、その価値は千分の1になってしまったと述べた。

また、ベネズエラやアルゼンチン、アフリカのジンバブエに至っては法定通貨はさらに悲惨なハイパーインフレ状態になっていると言及。

世界の基軸通貨である米ドルにしても、「詐欺的な法定通貨」は通貨システムに結びついており、「通貨の放出量が月まで行ってしまった」ため、実物資産としては「ジョークだ」と痛烈に批判した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します