渋谷の鮨店がマーケットプレイス「nanakusa」とコラボ、旬のネタをNFT化し販売へ

「nanakusa」で限定NFT販売

東京・渋谷の鮨店「鮨 渡利」は7月7日より、国内NFT(非代替性トークン)プラットフォーム「nanakusa」において「SUSHI TOP SHOT」の限定NFTの販売を開始すると発表した。

同店は以前より暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)基盤の大手DEX(分散型取引所)である、SushiSwapのガバナンストークンSUSHIによる決済を受け付けていることで有名だ。業界関係者が次々に訪れ、実店舗の予約は満杯になっていることから、SUSHI決済の需要の高さを物語っている。

5月22日には、包丁さばきなどの鮨職人の技をNFT化した作品である「SUSHI TOP SHOT」をNFTマーケットプレイス「Open Sea」にて販売し、即日完売した経緯がある。

関連:仮想通貨SUSHI決済導入で話題の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」を販売

七夕から7日間「旬のネタをnanakusaにお届け」

同店は今回、国内NFTプラットフォーム「nanakusa」において、「旬のネタをnanakusaにお届け」と題し、7月7日から7日間、77枚ずつ「穴子」「トリガイ」「赤身」など7種類の旬のネタをnanakusaコラボシリーズとして1日1種類ずつ販売する。販売価格は1枚あたり約500円を予定。

「nanakusa」とは、国内ブロックチェーン開発企業スマートアプリが4月にローンチしたNFTマーケットプレイスだ。公認アーティストによるNFT発行・販売、アーティストへのロイヤリティ還元機能を有する二次流通機能も備えた日本初のサービスであり、世界市場に向けてリリースされている。

関連:アーティストによるNFT発行・一次販売、二次流通までが可能な日本初マーケットプレイス『nanakusa』とは

同店は「nanakusa」とコラボした背景について以下のように説明した。

国産NFTプラットフォーム「nanakusa」は海外進出を狙っており、同じく日本から世界に向けて発信したい「SUSHI TOP SHOT」と共通した目標を持っています。

「日本」でしか生み出されない、かつ「世界中」の人が知っている「寿司」という食文化を「nanakusa」の中にコンテンツとして作ることによって、海外のNFTファンにも日本のNFTムーブメントに注目してほしいという思いがあります。

また、同店は7⽉12⽇~7⽉16⽇に開催される、リアルとバーチャルの融合をテーマにした展⽰会「Crypto Art Week Asia in Tokyo」にて、NFT作品「SUSHI TOP SHOT」を展示する予定となっている。

詳細は同店の公式ツイッターで告知される。

SUSHIトークンとは?

SUSHIは、イーサリアム基盤のDEXのSushiSwap内におけるガバナンストークン。海外取引所のBinanceやFTXなどに上場しており、現在、時価総額ランクは69位、価格は815円をつけている。

ユースケースとしては、保有する仮想通貨をSushiSwapにロックして流動性を提供することによりSUSHIによる報酬を受け取る、SUSHIを保有してSushiSwapの運営方針に対する投票権を獲得するといったものが挙げられる。また、一定期間ごとにバーン(焼却)されるため、市場における流通量が減り価値が上昇していく可能性を持たせる仕組みとなっている。

SushiSwapでは、3月に新たなレンディングサービス『Kashi(貸し)』や『Bento(弁当)BOX』というプラットフォームをリリースしており、サービス範囲をトークンスワップやイールドファーミング以外のDeFi(分散型金融)金融商品にも拡大。

さらに、5月にはトークン販売プラットフォーム「MISO」がプレローンチされており、SushiSwapの盛り上がりとともに、SUSHIによるエコシステムが拡大中だ。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します