仮想通貨SUSHI決済導入で話題の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」を販売

鮨屋の「SUSHI TOP SHOT」

東京・銀座の鮨屋「銀座渡利」は22日、鮨職人の技をNFT(非代替性トークン)化した作品である「SUSHI TOP SHOT」の販売を開始したと発表した。

鮨職人の技をNFT化

銀座渡利は販売開始を発表した「SUSHI TOP SHOT」について次のように説明している。

「SUSHI TOP SHOT」は江戸前寿司の包丁さばきなど、鮨職人の技をNFT化した作品で、第一弾は「マグロ」「コハダ」「アジ」「カスゴ」「サクラマス」の5種類です。

銀座渡利では、以前より仮想通貨イーサリアム(ETH)基盤の大手DEXである、SushiSwapのガバナンストークンSUSHIによる決済を受け付けていたが、今回、5月22日の「ビットコイン(BTC)ピザday」に合わせた形でNFT作品の販売を発表したと説明。

また、5月22日以前に実店舗でSUSHIで決済を行なった客を対象に、レア「SUSHI TOP SHOT」(銀座渡利会員券NFT)を配布することも併せて発表。レア「SUSHI TOP SHOT」の保有者は店舗での優待特典が受けられるという。

さらに、今後もブロックチェーンを活用した様々なサービスを展開していく予定であることも明かしている。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

SUSHIとSushiSwap

SushiSwapはTVL(ロックバリュー)のランキングで6位に位置し、4,700億円に及ぶ規模を誇る。3月には新たなレンディングサービス『Kashi(貸し)』を実装し、サービス範囲をトークンスワップやイールドファーミング以外のDeFi(分散型金融)金融商品にも拡大。

また、5月19日にトークン販売プラットフォーム「MISO」をプレローンチし、その第一号となる「SAKE」がダッチオークションの形式で販売された経緯がある。

さらに4月には仮想通貨投資企業Bitwiseが、SUSHIをDeFiインデックスに新たに組み入れているなど、機関投資家による需要も高まりつつある。

関連:仮想通貨SUSHI、米投資企業BitwiseのDeFiインデックスおよびファンド入り

著者:T.Kobayashi
参考:PRTIMES

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します