CoinPostで今最も読まれています

日本発のStake Technologies社、Kusamaオークションで33億円調達完了 Kusamaオークションにて33億円相当の資金調達完了

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Stake Technologies、資金調達に成功

日本発のパブリックチェーン開発を行うStake Technologies社は7日、独自のShiden(紫電)ネットワークがポルカドットの実験的ネットワーク「Kusama」にてオークションを実施し、約33億円(138,457 KSM)の資金調達に成功したと発表。また、ShidenネットワークがKusamaネットワークに世界で3番目に接続に成功し、同時にメインネットをローンチしたことを明らかにした。

Stake Technologiesとは

Stake Technologies社は日本のブロックチェーン開発企業。現在はシンガポールに本社を置いており、独自のブロックチェーンAstarネットワーク(旧Plasm)とShiden(紫電)ネットワークの開発や、ポルカドット(Polkadot)エコシステムへ貢献する。

▶️仮想通貨用語集

Stake Technologies社はポルカドットの実験的なネットワーク「Kusama」でKusamaオークションを実施。KusamaネットワークのネイティブトークンKSMをコミュニティメンバーから委任してもらい、集めたKSMを用いてプロジェクトが入札する仕組みとなっており、Shiden(紫電)ネットワークは33億円に相当する138,457 KSMを調達した。

Shidenネットワークとは

ShidenネットワークはAstar(旧Plasm)ネットワークのコピーで、Kusamaネットワークへの接続を目的に作られた実験的なメインネット。

Astarと同様に相互運用性とスケーラビリティ問題の解決を念頭に開発されており、イーサリアムやWebAssemblyベースのスマートコントラクトをサポートした分散型アプリケーションのハブを目指す。

▶️仮想通貨用語集

オークションの結果、ShidenネットワークはKusamaネットワークへの接続に成功し、Shidenのメインネットのローンチを完了した。

Shidenのアップデート

Stake Technologiesのリリースによれば、Shidenのアップデートを今後数週間にわたり、段階的に以下の機能を追加していく方針を示した。

  1. フェーズ1:オークション参加者へのリワード配布
  2. フェーズ2:ステーキングや取引、スマートコントラクト機能などの実装
  3. フェーズ3:クロスチェーン間でトークン・データの送受信

出典:Shiden Network Roadmap

Astarネットワークとは

Stake Technologies社はShidenネットワークの他にも、Astarネットワークの開発を行なっている。旧称はPlasmネットワークで、パブリックチェーンの大きな課題であるインターオペラビリティ(相互運用性)とスケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクト。

また、イーサリアム仮想マシン(EVM)にも対応しており、イーサリアム上のスマートコントラクトはAstarおよびShidenでも利用することが可能となる。

当時Plasmネットワークと呼ばれていたAstarは21年1月、世界で初めてポルカドットのテストネットへの接続に成功。また、2月には開発企業のStake Technologies社がバイナンスの出資部門「Binance Labs」や「Hashkey」など5社から約2.5億円の資金調達を実施した。

5月には、IT大手マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されたことを発表。ネットワークをより堅牢にしていく姿勢を示した。

関連:日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」強化へ──ステイク、マイクロソフトの支援プログラムに採択

その後、6月にはFenbushi Capitalなど10社以上がPlasmとShidenに対して11億円の戦略的出資を完了していた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/29 水曜日
11:45
Optimismロールアップを提供するConduit、9億円調達
仮想通貨関連スタートアップConduitは、Paradigmが主導するシードラウンドで、約9億円を調達したと発表。イーサリアムL2「Optimism」のロールアップソリューションを提供する。
10:30
G7、仮想通貨の規制強化を議論か=報道
G7は、5月中旬の財務相・中央銀行総裁会議に向けて、仮想通貨セクターの規制強化についての議論を進める構えだと伝えられる。背景にはFTX破綻やSVBなどの事業閉鎖がある。
10:00
米CFTC「バイナンスの提訴には自信がある」
米CFTCの委員長は、CNBCのSquawk Boxに出演し、仮想通貨取引所バイナンスに対する訴訟について語った。今回の提訴には自信があると話している。
09:00
「GM Radio」 次回はビットコインのインフラ企業「Voltage」が参加
グローバル版CoinPostによる第17回GM Radioは、3月31日の10:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに仮想通貨ビットコインのインフラ企業Voltageを招待する。
08:00
ディズニー、メタバース部門を解体
米ディズニーは、メタバース構想を進める部門を解体したことがわかった。メタバース部門は約50名で構成されており、今回の解体は広範な事業再編の一環として実施されている。
07:20
米株市場の方向感乏しい、今週はPCEコア・デフレーターなど控え|29日
本日の株式市場は今週の米GDPや個人消費支出のデータ発表を控えており方向感が乏しかっか。NYダウは小幅安となり−37.83ドルで取引を終えた。ナスダックはIT・テック株の売り優勢で続落した。
03/28 火曜日
17:09
仕組み債発行のDeFi「Cega」、イーサリアム展開へ
仕組債のスマートコントラクト化に取り組むCega Genesis Corporationは、約7億円の追加調達が完了したことを発表した。Cegaは来週にもイーサリアムへの展開を開始し、レバレッジド・オプションを含む新たな製品ラインナップの拡大を加速する。
14:26
パリ「バーガーキング」、仮想通貨決済対応の充電端末を設置
パリの「バーガーキング」が仮想通貨決済を受け入れる電子機器充電端末「Instpower」を店舗に設置したことが明らかになった。Instpowerは大手仮想通貨取引所バイナンスのBinance Payで使用できる。
12:41
アリババクラウド、渋谷にゲーム開発者向け「ブロックチェーン・ラボ」新設へ
アリババグループ傘下のアリババクラウドは、Web3時代に向け日本のゲーム開発者支援のため、東京渋谷にブロックチェーン・ラボを立ち上げると発表した。ゲーム・VRコンテンツ開発会社のSkeleton Crew Studioと提携し、4月に開設する予定。
12:35
三菱UFJ信託銀行ら、国内発行ステーブルコインの相互運用に備えた技術連携を開始
ステーブルコインの相互運用 三菱UFJ信託銀行株式会社は28日、国内で発行が予定される多様なステーブルコイン間の滑らかな相互移転・交換の実現に向け、株式会社Datachainと…
12:00
メイカーダオ、DAO分割へ前進
DeFi大手Makerプロトコルを管理する分散型自律組織「MakerDAO」は、改善提案が仮想通貨メイカー保有者による投票で可決したことを発表した。将来のビジョン「Endgame Plan」を実現するための基盤となる組織構成や枠組みで構成される。
11:57
CFTCのバイナンス提訴で仮想通貨売り優勢、リップル裁判の思惑めぐりXRPは逆行高
米商品先物取引委員会(CFTC)によるバイナンス提訴を受けBNBを中心に暗号資産(仮想通貨)が下落した。一方、SECとのリップル裁判をめぐりRipple新CEOや弁護士発言を受け前向きな決着期待が台頭、XRPが逆行高している。
11:50
グッチ、YugaLabsと複数年のパートナーシップ締結
高級ファッションブランドのグッチは、NFT開発スタジオYuga Labsとの複数年に渡るパートナーシップを発表。メタバースゲーム「Otherside」にも参加する計画だ。
11:32
バイナンス、ステーブルコインTUSDの通貨ペアを増やす
BUSDの代替手段 バイナンスはステーブルコインTUSDの通貨ペアを増やす予定だ。 LDO/TUSD、MATIC/TUSD、OP/TUSD、SOL/TUSD、SSV/TUSD、…
11:30
KDDI、Oasysバリデータに参画 ゲームやエンタメ分野で提携へ
KDDI株式会社は28日、国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして参加すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア