企業のビットコイン売買サービス導入可能に NYDIGと決済プロバイダーが提携

NYDIGの動向が加速

金融企業向けのデジタルペイメントプロバイダー米Allied Payment Networkは仮想通貨投資企業NYDIGと提携し、企業がビットコイン売買システムを導入できるサービスを提供する計画を発表した。Allied社も財務資産にビットコインを組み入れることも検討しているという。

NYDIGは、大手ヘッジファンドStone Ridge Asset Managementが立ち上げた仮想通貨投資企業であり、投資ファンドを販売するほか、機関投資家レベルのカストディソリューションも提供している。現在の仮想通貨管理資産額は、4,400億円に及ぶ。

今回提携に至ったAlliedは、大手デジタルペイメントプロバイダーで、オンラインやモバイルペイメント、ローンペイメントなど幅広い分野で決済ソリューションを提供している。

NYDIGと提携することで、企業はAlliedのシステムに連携することで、自社の顧客(個人)に対して、ビットコインの売買・管理サービスを提供することができる。Allinedがサービスを仲介し、NYDIGのOTCプラットフォーム等で取引を実現する。

Alliedは発表で、「米国で、金融機関にビットコインの売買サービスソリューションを提供する初めての勘定支払いプロバイダーだ」と説明した。

具体的には、顧客は利用する金融機関のオンラインバンキングやモバイルアプルにログインし、NYDIGのプラットフォームへアクセスする仕組みだ。また、Alliedは今後顧客がビットコインを利用し支払いができるように、NYDIGと連携しビットコインによる決済オプションも企業へ提供する予定があるとした。

NYDIGは金融機関との提携を加速させている。先週、米エンタープライズ決済大手NCRと提携し、650銀行の顧客に仮想通貨取引を提供していくことを発表したばかりだ。また、先月末、米主要フィンテック企業である「Q2」及び「Fiserv」と提携し、一般消費者に向けたビットコインの売買・保有サービスの機能提供を支援すると明かしている。

著者:菊谷ルイス
参考:Allied Payment Network

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します